« よみがえれボールドウィン実行委員会2013 第3回活動 | トップページ | 驚きを・常識に »

よみがえれボールドウィン実行委員会2013 第3回活動 その2

2013年6月9日「よみがえれボールドウィン実行委員会」 今年3回目の活動その2です。(以下写真は全て同日撮影)

Img_4113_1    

いよいよ4隅の柱の取り付けです。様子を見つつ窓下桟も含め調整して行きます。

Img_4116_1

ノミを操り、溝を探ります。

Img_4118_1

緩くもなく、渋くもなく、微妙なかみ合い具合、カケヤで叩いて組み上げていきます。

Img_4127_1

どうです?徐々に形になってきたでしょう?色の違いでも分かると思いますがトラス部分は流用しています。他の部分は新製です。

Img_4131_1

ボールドウィン越しの製作中の客車。

屋根の方はどうなっているかというと、、、、

Img_4122_1

屋根は木材の下地の上に防湿シートがありしの上にトタン板?ブリキ板?が貼られている。屋根は四隅の柱で支えている他に窓縦桟で屋根荷重を分散して受けている。かつ走行中の振動なので緩まぬように通しボルトで窓下桟と結ばれている。そのため屋根材を外し、ボルトを通せるようにする必要があります。汚れを落とし、古い釘を抜いて下地と分離していきます。汚れお落とし見えてきたのは金属板の重なっている所のハンダ。現在であれば継ぎ目部分の防水処理は樹脂コーキングが当たり前。この時代は有効なコーキング材が有るわけもなくハンダ付けが雨水を防ぐ手段だったのでしょう。同様に釘もハンダ付けされていて雨漏りを防いでいる。

Img_4124_1_2     

屋根端部の構造はこんな感じ。

昼食をはさみ、一段落した所で台枠部分の防腐処理。

Img_4134_1    

防虫、防腐剤を木材に染みこませていきます。後々の塗装を考えて透明の防腐剤を選択。

Img_4136_1

Img_4137_1

刷毛の扱いは慣れたもの。会員達が主役で塗っていきます。

Img_4139_1  

日も傾き始め、この日の作業はここまで、ブルーシートを掛けて終了です。

Img_4145_1    

Img_4148_1    

次回の作業は7月7日。見学は自由です。気軽に声を掛けて下さい。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« よみがえれボールドウィン実行委員会2013 第3回活動 | トップページ | 驚きを・常識に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よみがえれボールドウィン実行委員会2013 第3回活動 その2:

« よみがえれボールドウィン実行委員会2013 第3回活動 | トップページ | 驚きを・常識に »