« 踏切待ち その150 | トップページ | 満月の宵 »

山の幸を運んで

「よみがえれボールドウィン実行委員会」編集、発行の根利森林鉄道の調査報告書、第1弾が完成しました。
平成18年、ボールドウィンの塗装修復に集まった我々ですが、この根利にも森林鉄道が存在していた事から調査してみようという機運が高まり、現在まで何度となく山へ向かいました。当時根利で働いていた営林署OBの方々の貴重な証言や提供された写真も含め調査報告書という形にまとめる事が出来ました。

_mg_8905

「山の幸を運んで」と題した調査報告書。10月28日は、その完成報告会でした。

報告会の会場は我々の活動場所の林野庁森林技術研修所林業機械化センター。その事務所棟の会議室で行いました。

20121028_640_01    

開式前、ホワイトボードに全線図を描いている内田会員。報告書のイラスト類は彼の手によるもの

20121028_640_03 20121028_640_05_2  

10:30開会の後、来賓の星野沼田市長、三原機械化センター所長にお話し頂いた。

21名の出席者の紹介を行い、いよいよ本題へ。

20121028_640_10   

調査結果の概要を内田会員が解説しました。

その後は休憩昼食と質疑応答の時間。   

20121028_640_14

路線図を前に当時を語る営林署OBの池田氏。

20121028_640_13   

林業機械のメンテナンス担当だった藤原氏。当時の機関車について話が弾む。

20121028_640_12

山トロ運転担当だった久保田氏に「鉄道写真2001」の屋久島の写真を見て頂いた。「そうそうこんな感じ、」「屋久島のはブレーキの滑車が多いね、スピード速いんだね」

20121028_640_16  

この日、機械化センターは一日中 雨でした。

辺りの山は紅葉の真っ盛り。楽しい一日でした。

今回の調査報告書ですが、ご協力頂いた関係各所には配布いたしますが基本的には当会会員向けに制作した物です。部数にも限りがありますので現時点では一般向けの配布予定はありません。また新たな発見もあって完成型の調査報告書を目指し今後も調査を進めて行きたいと思っています。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 踏切待ち その150 | トップページ | 満月の宵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の幸を運んで:

« 踏切待ち その150 | トップページ | 満月の宵 »