« 踏切待ち その122 | トップページ | 桜きらめく電車道 »

峠にて

隣県での仕事。隣県では給油の心配なしという事で片道分残る燃料のまま峠越え。仕事を終え、無事に燃料満タン。たまには旧道経由で峠を下る事に。

その前に時刻表を確認。もうすぐ「あさま」が来るようだ。

Rimg3476 R8

▲2011年3月26日  長野新幹線    今朝方降っていた雪の止みいい天気になっていた。昔は強力な機関車が後押しして登っていたこの峠。少し遠回りしてるけど今の新幹線は楽々この峠を越えてます。一つ一つは小さなモーターの電車だけど、つながって、力を出し合えば楽々峠を越えられる。今はまだ雪も残り風は冷たいけれど、春はもう、すぐそこまで来ています。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 踏切待ち その122 | トップページ | 桜きらめく電車道 »

コメント

新幹線・・・昔の碓氷知ってる世代には化け物ですよね。
前に軽井沢から高崎まで乗ったときのこと・・・
席に荷物置いて、トイレ入ってたら「間もなく高崎・・・」との放送!
軽井沢-高崎、なんと16分(゚д゚)
一度も座りませんでした・・・

今月頭に北陸へ419系のラストランへ行く時に大雪の旧道登りました。うちの古い画像にUPしてあります。

投稿: pactratamiya | 2011年3月27日 (日曜日) 21:13

pactramiyaさん>どうも、後ほどお邪魔しますね。

投稿: 夏草の線路。 | 2011年3月29日 (火曜日) 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/51222461

この記事へのトラックバック一覧です: 峠にて:

« 踏切待ち その122 | トップページ | 桜きらめく電車道 »