« 踏切待ち その112 | トップページ | 京急大師線 »

新幹線の車窓から

先日、仕事先へ向かうため早朝の上越新幹線で都内へ。大宮を過ぎた辺りから雲間に太陽が顔を出した。 

Rimg3114 R8

▲2011年1月29日  上越新幹線車内から     並走する埼京線を追い越す。この辺りの新幹線は速度が遅く埼京線電車のスピードとさほど変わらない。 

Rimg3116 R8

荒川を渡る。川面に太陽が輝く光景に見とれていたら遠くにニョキッとスカイツリーが見えていた。この先、電車は左に大きくカーブした後、小さく右に左にカーブを繰り返す。そのたびスカイツリーは電車の右に見えたり左に見えたりスカイツリーに向かって走って行く。

Rimg3117 R8

赤羽手前で大きく右にカーブしトンネルを抜けると再び車窓にスカイツリーが見えてくる。この辺りからの高架は高さがあるのでスカイツリーがよく見える。何か爪楊枝のが突き刺さっている様に見える(^^)

Rimg3121 R8

環七を越える辺りで再び姿を現す。

王子辺りは線路沿いのビルでスカイツリーが見えなくなる。

Rimg3126 R8 

地下へ潜る前、田端辺り。かなり大きく見えた。アンテナ部分が以前見た時よりも少し伸びた感じがする。

平日であれば、この時間の上り新幹線は、ほぼ満席状態。この日は土曜日で2階席は3人掛けシートに一人ずつ着席している程度でのんびり車窓を眺める事が出来ました。でもコンデジには厳しい条件でした。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 踏切待ち その112 | トップページ | 京急大師線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線の車窓から:

« 踏切待ち その112 | トップページ | 京急大師線 »