« 踏切待ち その111 | トップページ | スプリングポイント »

駒形駅近況

最寄り駅の両毛線駒形駅。橋上駅舎化工事が進み、既存の木造駅舎の存続が気になる所、、。

_mg_3026 7D 

_mg_3028 7D

▲2011年1月23日 駒形駅    開口部はアルミサッシになっているものの典型的な平屋の駅舎。 

_mg_3030 7D 

▲2011年1月23日   現駅舎の奥に工事中の橋上駅舎。遠目に見ると外観上は、あらかた出来上がっている感じ見える。 

_mg_3027 7D 

近づいて見ると階段部分の鉄骨が既存の駅舎の方向に伸びている。現駅舎を壊した後に接続されるようだ。それまでは横の開口部から仮設の階段が作られるのかもしれない。 

電車を利用するときは列車本数が多い高崎駅まで車で行き乗車する事がほとんど。近所なのにあまり訪れる事がない駒形駅は年に数回訪れる程度。いつの間にか工事が進んでいた。

Rimg2784 R8

昨年2010年10月29日の駒形駅構内。レール組の跨線橋から眺めて見た。基礎工事は以前から行っていたようだが、この頃、鉄骨の骨組みが組み上がって来た。このレール組の現跨線橋も橋上駅舎が完成すれば用済みとなって取り壊されてしまうのだろう。

Rimg2790 R8

ホームより低い位置の駅舎。ホームとは階段でつながっている。ローカル線の駅ではよく見られた光景、何ともいい感じ。

_mg_2990 

▲2010年1月19日 駒形駅

_mg_2977 

今から一年前。C6120搬出の帰り道に見た駒形駅。駅舎橋上化工事の気配も無く夕陽を浴びてオレンジ色に染まりつつある駒形駅でした。

 

 

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 踏切待ち その111 | トップページ | スプリングポイント »

コメント

そういえば駅前にあった駒形屋もいつの間にかなくなっちゃいましたよね。
車内から眺めると改札越しに見えるレトロな建物の駄菓子屋。
駅舎共々昭和半ばを彷彿とさせる素敵な光景でした。


今は可愛い女子高生でいっぱいのまた違った魅力が出来た駅に変わりましたがlovely

投稿: 岬めぐり | 2011年1月25日 (火曜日) 22:29

岬めぐりさん>風情のある景色が年々少なくなって来ましたね。

投稿: 夏草の線路。 | 2011年1月26日 (水曜日) 22:23

>岬めぐりさん

駒形屋さんは駅の北側に引っ越しました。
新しい駅舎北口の目の前です。
新駅舎が桐生寄りにできたので,階段を下りると目の前にあります。

投稿: TAKUCHIBO | 2011年6月 4日 (土曜日) 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/50669818

この記事へのトラックバック一覧です: 駒形駅近況:

« 踏切待ち その111 | トップページ | スプリングポイント »