« 2010 第5回根利森林鉄道まつり  上 | トップページ | 2010 第5回根利森林鉄道まつり  下 »

2010 第5回根利森林鉄道まつり  中

2010 第5回根利森林鉄道まつりのご報告 続きです。

正午からは、特別企画トークイベント「根利の森林鉄道を語る」を行いました。

_mg_5432

▲2010年7月25日 林業機械化センター     我々が数年にわたって調査を行ってきた根利の森林鉄道。かなりの所まで全容が解明出来てきたので専門家をお招きしてトークイベントを企画しました。

_mg_5391  

我々が調査した根利の森林鉄道の遺構、軌道跡の写真やイラスト、当時の写真を使ってトークイベントは進行していきます。

_mg_5402

進行役はブログ「編集長敬白」でお馴染みのレイル・マガジン名取編集長。ゲストには森林鉄道研究の第一人者であられる西さん、かつて木曽森林鉄道に赴任経験のある林業機械化センター安藤所長。学生時代を当地で過ごした当会の東宮さん。

この地に存在した森林に分け入って走っていた鉄道。主な目的は伐採した木材を山から下ろすため。とりあえず線路の幅の道を開拓すれば良い訳で、トラックを走らせる様な広い道幅が必要なく比較的簡単に敷設出来ることから50年ほど前までは全国各地に好んで敷設されていました。線路は現在の鉄道のような立派な物ではなく、線路幅は762mm、レールは1mあたり6~8kg。今のJRレールが1mあたり50~80kgですから1/10程度の細さと、かなり貧弱。そんな線路を簡単な機関車でトロを山奥に引き揚げ、帰りは木材を積んだトロに人がまたがり巧みなブレーキ操作で坂を下ってくる、まさにジェットコースター状態だったそうです。

_mg_5410

当時を再現したトロの模型を使って解説。これに人がまたがって坂を下ってくるとは、、、、命がけの仕事だったのですね。

_mg_5397

線路を通学路として歩いていた事など当時の興味深い話。

_mg_5412

当時使われていた機関車の解説など話は専門的な内容まで多岐にわたっていきました。

尽きることのないトーク。あっという間に時間が経過。1時間半余りでしたが大変貴重な経験をさせていただきました。ご協力頂きましたパネラーの皆さま、ありがとうございました。

過去4回の根利森林鉄道まつりは車両修復のお披露目を主としたお祭り要素に終始したイベントでした。今回はトークイベントなど根利の森林鉄道に注目したイベントということを意識し企画としました。ご来場の皆さん、如何だったでしょうか?

今後も根利の森林鉄道に関しては調査を進めていきます。また違った形でご報告出来るかもしれません。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、トークイベントの後は、、、、機関車撮影会。

後ほど、、、、、

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 2010 第5回根利森林鉄道まつり  上 | トップページ | 2010 第5回根利森林鉄道まつり  下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 第5回根利森林鉄道まつり  中:

« 2010 第5回根利森林鉄道まつり  上 | トップページ | 2010 第5回根利森林鉄道まつり  下 »