« JR伊勢崎駅「高架切替工事」 その2 | トップページ | 中央本線 D51 »

JR伊勢崎駅「高架切替工事」 その3

連日の「JR伊勢崎駅高架切替工事」の続きです。

_mg_6743 

▲2010年5月30日 伊勢崎駅    高架下の改札からは写真右側通路を通って出てきた。かつて駅そば屋さんがあった横のスペース。前日まで使用していた駅舎の入口は、シャッターが下ろされていた。

_mg_6745

_mg_6752

▲2010年5月30日 伊勢崎駅    室内の明かりもなく入口は封鎖され人気のない駅本屋。待機するタクシーもなく、寂しい駅前の光景。車が日常の足となっている群馬県。駅までの送り迎えも車が欠かせない、こちら南口側の工事が終わるまでは反対側の北口の方が車を寄せるには便利かもしれない。

さて、線路の付け替え部分はどうなったのか、駅を離れ前夜の工事現場へ向かう。ちょうど始発列車を見送った工事関係者が撤収したところで人気のない西側(高崎側)現場に到着。

_mg_6758 

開いている「第一安堀踏切」から伊勢崎駅方向を眺める。高架切換前は「踏切待ちその89」の3枚目の通り、右側の仮設架線柱が立ち並ぶ方を走っていた。バラストが茶色に見える所が線路切替を行った所。レールの継ぎ目が短い間隔で入っている。架線は新しいコンクリートポールから伸びる支持ブームに付け替えられている。

しばらくすると踏切が鳴り、下り2番列車429M桐生行き211系5連が高架線を駆け上がって行く

続いて伊勢崎駅で交換の424M高崎行きがやって来た↓。

_mg_6768

▲2010年5月30日 両毛線    424Mは115系3連。

続いてやって来るのは伊勢崎折り返しの電車。カメラのレンズを400mmにチェンジし高架ホームへ駆け上がる後ろ姿を狙ってみた。

_mg_6778

↑踏切待ちをする車も人も無かったので、電車通過後、開いた踏切から後ろ姿を狙った。▲2010年5月30日 両毛線 621M

伊勢崎駅JR側は高架線切替完了し一段落。今後は東武鉄道側の高架工事が本格化。旧駅舎を取り壊し新南口の工事も合わせ数年後の完成を目指すようです。

3回シリーズのJR伊勢崎駅高架切替工事関係のネタはこれで終了です。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« JR伊勢崎駅「高架切替工事」 その2 | トップページ | 中央本線 D51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/48496290

この記事へのトラックバック一覧です: JR伊勢崎駅「高架切替工事」 その3:

« JR伊勢崎駅「高架切替工事」 その2 | トップページ | 中央本線 D51 »