« 2009根利森林鉄道まつり(下) | トップページ | D51高崎駅発車 »

ホイットカム,エンジン復活への道

2009根利森林鉄道まつりで走行した「ホイットカム」。各方面の協力を得て46年ぶり復活運転することが出来ました。既に現役時代、様々な改造が施されていて、エンジンは加藤製、ミッションは酒井製にそれぞれ載せ替えられていました。これらは輸入当時」のオリジナルではないものの既に現存する物は少なく、大変貴重な代物です。復活に際してそれらを大きく改造することなく現状維持しつつ手を加える事にしました。

エンジン始動に関し、3本の動画を公開いたします。

すべてはここから始まった↓

▲2008年6月15日(日) 林業機械化センター  走った走った!こんな事でも楽しいのです。これが復活への原動力となって皆がんばりました。

そして1年が経過。

▲2009年6月21日(日) 林業機械化センター    ヘットを外し動きを見る、バルブの汚れを落としスムーズに動くようになった。シリンダー内部も錆は無く保存状態が良かった様だ。現在では珍しいサイドバルブの動きが新鮮に見える。

この後は、ヘッドを組み付け、点火系の電装品を調達、組み付けた。

▲2009年7月21日(日)   記念すべき日となったこの日。ついにエンジン始動。46年ぶりにエンジンが息を吹き返した。会員の歓声が静かな根利の山々に響きわたった。

その後、冷却水系を確認。放熱器取り付け台の水漏れを補修したり、パッキン類を新製し組み付けた。

一方ミッション関係はクラッチに少々問題があり、エンジンを外し分解整備しました。消耗していた部品に手を加え、新調した部品を組み付け、走行出来る様になりました。

再び走り出した姿を見た時には、皆たいへん感動しました。まだまだ課題は山積みですが、もう少し長い距離を走る姿を見てみたいと思っているのは私だけではないと思っています。

本年の「よみがえれボールドウィン実行委員会」の活動も、このイベントで一区切り。更なる飛躍を模索している今日この頃。今後ともよろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 2009根利森林鉄道まつり(下) | トップページ | D51高崎駅発車 »

コメント

なかなか いい音 楽しみですね!!!

投稿: tama | 2009年10月 7日 (水曜日) 21:22

もうちょっと長い距離を走ってみたいですね

投稿: 夏草の線路。 | 2009年10月16日 (金曜日) 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホイットカム,エンジン復活への道:

« 2009根利森林鉄道まつり(下) | トップページ | D51高崎駅発車 »