« 上電砕石列車 | トップページ | 車内アナウンス »

中央前橋にて

今日は中央前橋で上電砕石列車を見てきました。行き止まりの中央前橋駅。どうやって編成替えをするのか興味津々。昨年初めて見た時にはビックリしました。

_mg_4739 50D

砕石列車が西桐生方面がやって来ました。川の水が少なく、まだら水鏡になってしまいました。▲2009年3月8日 上毛電気鉄道

_mg_4755 50D

3番線に到着。1番線の電車が発車すると入れ換えの始まりです。

踏切が閉まり、作業員を乗せた砕石列車がバックしてきます。

_mg_4760 50D

「踏切まちシリーズ」?(^^ゞ 踏切上で列車が停止、ホキ2両が切り離されデハ101は3番線へ待避します。

_mg_4771 50D

「せーの」で押し始めます。人力です。踏切が開いたので踏切内から駅方向をのぞきます。

_mg_4779 50D

沢山の人達が入れ換えの様子を見ていました。▲2009年3月8日 上毛電気鉄道

この後、デハ101は3番線から移動し1番線のホキの先頭に連結。西桐生方面に出発して行きました。

_mg_4782

見ていて楽しい入れ換え作業でした。

|

« 上電砕石列車 | トップページ | 車内アナウンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/44283268

この記事へのトラックバック一覧です: 中央前橋にて:

« 上電砕石列車 | トップページ | 車内アナウンス »