« EF55が走った 続編 | トップページ | EF55試運転 再び  »

EF55 転車台にて

EF55は前後非対称の流線型。前向きで走るためには終端駅で方向転換させる必要がある。蒸気機関車ではお馴染みの転車台を使って回転させます。

水上では転車台上に架線が張られているので自力で転車台上へ、エアーを抜いてパンタグラフを下げる、転車台が回り、警笛の合図の後パンタグラフ上昇。圧縮機が回り出す。

動画をご覧下さい。

転車台へ入線ーパンタ降下。↓

方向転換。↓

パンタ上昇ー出発。↓

なかなか興味深い光景でした ▲2008年11月29日 水上

|

« EF55が走った 続編 | トップページ | EF55試運転 再び  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/43290104

この記事へのトラックバック一覧です: EF55 転車台にて:

« EF55が走った 続編 | トップページ | EF55試運転 再び  »