« D51498復活20周年 | トップページ | SL回送 »

上電デハ101

先日、全検出場してきた上電デハ101。製造されたのはD51498やEF55よりも更に古い昭和3年。開業当時から走り続けて御歳80才。予算関係で一時は廃車の危機にさらされましたが綺麗な姿になって帰ってきました。

先日のバラスト工臨以来のデハ101、まずは電車区のある大胡へ行ってみました。

_mg_2574

▲2008年11月30日 上毛電気鉄道  大胡   庫から出て側線で待機中のデハ101。11月の各日曜日。大胡を起点に各1往復でしたが、各駅で乗降可能という事もあって連日結構賑わっていたようです。

この日は前日同様、良い天気でしたが北風が吹き付け寒い一日でした。

_mg_2582

低いモーター音を響かせて渡良瀬川の鉄橋を渡って行きます。(後追い)

_mg_2593

赤城山もクッキリ、

このデハ101、単行運転用に両運転台化されています。各々顔つきが違うのも面白い所。

_mg_2607

西桐生向き側はこんな感じの顔。全検に伴って、行き先幕などが取り払われ昔の姿が復元されたようです。

_mg_2613

中央前橋側は貫通戸があります。▲20008年11月30日 上毛電鉄

北風吹き付ける沿線でしたがノンビリと撮影できました。

|

« D51498復活20周年 | トップページ | SL回送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/43279888

この記事へのトラックバック一覧です: 上電デハ101:

« D51498復活20周年 | トップページ | SL回送 »