« 昨日は、、、。 | トップページ | ホイットカム第6回修復作業 »

懐かしい国鉄車両

先日寄った碓氷峠鉄道文化村には懐かしい国鉄車両が保存展示されています。

Rimg2909_1 R8

キハ20467。現役晩年は「高崎第一機関区」所属で足尾線、八高線で活躍してました。今はオリジナルのツートンカラーですが晩年首都圏色でオレンジ一色に塗られ走っていました。DMH17Cのエンジン音が今にも聞こえてきそうです。

Rimg2905_1 R8

キハ35901。同じく八高線、川越線で活躍していました。ステンレス車体で昔は銀色に輝いていましたが晩年首都圏色に塗られこの様な姿に。背後に見えるのは体験運転中のEF63。

そのEF63とペアーを組んで登場したのがEF62。

Rimg2900_1 R8

かつての検修庫の中で保管されています。信越線の軸重制限のため軽量化設計、C+Cの台車が奏でるタタタン、タタタン、タタタン、、のジョイント音は独特で今でも大好きな電気機関車の一つです。復活して走らないかな、、、。

Rimg2971_1 R8

さよなら運転のヘッドマークも色がかすれています。横軽運転休止からもう11年経過してしまいました。

|

« 昨日は、、、。 | トップページ | ホイットカム第6回修復作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/42685293

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい国鉄車両:

« 昨日は、、、。 | トップページ | ホイットカム第6回修復作業 »