« 懐かしい国鉄車両 | トップページ | 踏切待ち その53 »

ホイットカム第6回修復作業

ホイットカム塗装修復作業、10月5日(日)は第6回目の作業日でした。

曇り空の沼田市根利。「よみがえれボールドウィン実行委員会」のメンバー20余名で作業開始です。作業場所まで機関車を押しだし塗装済みの各パーツを組み付けていきます。

_mg_1043 30D

↑キャブ内のパネル、床板の取付↓。

_mg_1047 30D

現役当時、現物合わ改造された思われるキャブ、歪みもあってすんなり組み立てとは行きません。押したり引いたり叩いたり、苦労しています。

_mg_1046  30D

↑ラジエターは黒色。周囲をマスキングして吹き付け塗装しました。

_mg_1049 30D

↑キャブ内が一段落した所で屋根を取り付けます。↓

_mg_1051 30D

屋根を組み付けた所で昼休み。午後はエンジンルーム。ボンネットを取付。キャブ内の塗装です。

_mg_1054 30D

人の大きさと比べるとホイットカムの小ささが一目瞭然。

その後、ラジエターガードを取付。軸箱は黒色を塗りました。

_mg_1061 30D

皆の活躍でこの日ほぼ組み上がった機関車。成果を皆で遠目に眺めます。月1回、半年に渡って続いた作業もいよいよ完成に近づいてきました。

_mg_1062 30D

_mg_1064 30D

残すはヘッドライトの取付、側窓、背面戸の組み込みです。

_mg_1070 30D

毎回修復の度にお手伝いいただいた群馬県立産業技術専門校塗装科の先生方。下地処理、塗料の選定、調合、塗り方など塗装に関する一切を御指導いただきました。

_mg_1066 30D

さて、お知らせです。塗装修復完成したホイットカムを公開いたします。

20081019__2

(画像クリックでポップアップ拡大します)

10月19日(日)です。お誘い合わせの上お越し下さい。なお前日の18日(土)は現地にて準備作業を行っていますので機関車の見学は可能です。

_mg_1068 30D

色づき始めた木々も目に付く様になってきました。ドライブの途中にちょこっと寄り道してみませんか。

|

« 懐かしい国鉄車両 | トップページ | 踏切待ち その53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホイットカム第6回修復作業:

« 懐かしい国鉄車両 | トップページ | 踏切待ち その53 »