« 踏切待ち その54 | トップページ | 今日のD51498 »

エッチング銘板

19日は「ホイットカム塗装修復完成披露会、2008根利森林鉄道まつり」です。そのホイットカムの銘板ですがオリジナルのエッチング銘板は0.3t程の薄い真鍮板。亀裂が入ったり一部が欠損していたり表面は酸化して汚れてしまっています。新製当時の輝きを再現したく複製にチャレンジしてみました。自作プリント基板の方法を応用してみます。

File0074

File0075a

スキャンしてパソコンに取り込んだ物を画像処理を駆使し文字の輪郭を探りつつエッチングで溶かす部分を消していきます。実物と見比べながら作業は結構たいへんでした。ロット番号はオリジナルは打刻印ですが同じ様な書体が手元にないのでエッチングで表現してしまうことにしました。

本来なら左右2枚ある銘板各々を複製した方が良いのでしょうが、状態の良い片方を利用し2枚作ることにしました。とりあえず紙にプリントし状態を見ます。何度か調整を繰り返した後、エッチングマスクを作成します。専用のマスク用紙にレーザープリンターでプリントし不要部分を溶剤で拭き取るとインレタの様な状態の物が出来上がります↓。

R0010657 R0010658   

0.3t真鍮板に転写、余分な部分をハサミでカットし余白はセロハンテープでマスクしエッチング液の中へ↓

R0010661 R0010663_3 

頃合いを見て引き上げます。水洗いし、クレンザーで磨いて出来上がり。

R0010672

クリアーラッカーをスプレーし保護します。後は寸法に切り出して出来上がりです。写真では分かりにくいですが金色に輝く「ホイットカムの銘板」。きれいですよ (^o^)

|

« 踏切待ち その54 | トップページ | 今日のD51498 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/42730333

この記事へのトラックバック一覧です: エッチング銘板:

« 踏切待ち その54 | トップページ | 今日のD51498 »