« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

D51 みなかみ界隈

天気は曇り。それでも近くに行ったものですから、つ・い・でに見てきました。

_mg_1222 50D

気温が低くて綺麗な白煙でやって来ました。諏訪峡大橋の上から見ると何だかパッとしない紅葉。サイドに回り川面に近い所は少しいい感じになって来ましたね。晴れればまた少し違って見えるでしょうね。▲2008年10月31日 上越線 下り訓練運転

どうも昼間の気温が高かった一週間だったので紅葉の進みが遅いようです。

昼食後しばらくすると陽も出て来て色づいた葉が光っていい感じになってきました。入れ換え中のD51。煙突からの排気蒸気が輝いて眩しい。

_mg_1254 50D

▲2008年10月31日 上越線 

上りD51発車時刻になると陽が陰り撃沈。

次回のお楽しみということで、、、。今日はこの辺で失礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51整備中

水上駅構内。転車台で方向転換を終えたD51。帰りの列車までの時間。アッシュピットのある検修線に移って水を入れたり注油したり、石炭をかき寄せたり、、、。

_mg_1006 50D

「ハイ、チーズ♪」 なんちゃって(^o^) ▲2008年10月25日 水上

他意はありません (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51入れ換え中

水上駅構内で入れ換え中のD51。

_mg_1001 50D

「D51君♪ハイ、チーズ」なんてね。▲2008年10月25日 水上

他意はありません(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

D51県民の日号

10月28日は「群馬県民の日」 信越本線、高崎ー横川にD51が走りました。

_mg_1162 50D

いい天気でした。少し雲を被った浅間山が見えました。客車を見ると子供らで超満員。本日は自由席、聞くと120%程度の乗車率とのこと。▲2008年10月28日 信越本線

_mg_1188 50D

稲刈り真っ最中の田んぼ。稲の黄色と青空のコントラストがいい感じでした。

この後は国道を横川へ。途中D51に追いつく。ゆっくりとしたスピードで25‰にあえぐD51としばし並走のひととき。

_mg_1196 50D

青空の横川。子供らの歓声であふれていました。D51と写真撮ったり、運転台に座らせてもらったり、みんな笑顔で楽しそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51、すれ違い

先日(26日)の事ですが、、、。

_mg_1085 50D

下りSL奥利根号と上り電車がすれ違う所。D51を追いながら、ちょうど顔が並んだ所をパチリ。▲2008年10月26日 上越線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もD51

パッとしない天気でしたが、ちょこっとD51見物に出掛けてきました。

とりあえずいつもの所へ、榛名山が影絵の様に浮かんでいました。

_mg_1079 50D

いい煙で通過していきましたが、、白煙が良かったなぁ、、、 ▲2008年10月26日 上越線 下りSL奥利根号

最近、、沿線には行ってみるものの考えがまとまらず辺りをウロウロする日々。結局、汽笛が聞こえて、あたふたしている自分がそこにいるのです。まあ、そんな時は純粋にD51と向き合う事でしょうかね。

_mg_1094 50D

綺麗な白煙でやって来ました。沿線の子供達に軽く手を振る運転士さん。 ▲2008年10月26年 上越線 下りSL奥利根号

_mg_1111 50D

機関車の息遣い、間近で感じる事が出来るこの場所はお気に入り。

辺りは紅葉が進み良い感じになってきました。ラジオを聞いていたら今年は台風の上陸が無く何所も紅葉が良い感じだそうです。この辺りの桜も葉が残り良い感じの色が付き始めました。

今日はこの辺で、帰宅です、、、、。来週、晴れないかなぁ~、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のD51498

秋も深まった上越線。久しぶりのD51498です。

まずは「好きな角度」から狙ってみました。

_mg_0971 50D

▲2008年10月25日 上越線 下りSL奥利根号

ロケハンしながら沿線を行きます。彩り華やかな木々が目だつようになってきました。本格的な紅葉まで、あと少し、といった所でしょうか。  

_mg_0997 50D

▲2008年10月25日 上越線 下りSL奥利根号

緑色から黄色へ変わりつつある木が眩しいです。今は木々の色の変化が楽しい季節です。

いつものように水上で一休み。

上りはどこで撮ろう、、。あっちこっち見ながら考える。ソメイヨシノが良い感じに色づき始めていました。

_mg_1028 50D

▲2008年10月25日 上越線 上りSL奥利根号

以前、満開の春に撮ったソメイヨシノ。枯れ葉となって落葉する前の赤、緑が混在しているこの時期も素敵です。

_mg_1052 50D

▲2008年10月25日 上越線 上りSL奥利根号

陽が落ちるのも早くなりました。夜汽車の季節です。ちょこっと流し撮りで。

今日はこの辺で。明日は、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな角度

今週末もあちらこちらでSL運行があるようです。どこへ行こうか迷ってしまいますね。でも結局、地元のD51の様子を見に行くんですけどね(^o^)

正面から見るD51も素敵ですが、一番好きなのはこの角度。

_mg_0716_1 50D

▲2008年10月16日 水上  ライブビューでローアングル。

線路端で走り去る所を見送る時が何とも言えずいい感じ。

快晴のこの日。しばらくボンヤリ眺めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根利森林鉄道まつり (下)

2008年10月19日 根利森林鉄道まつりの朝です。

_mg_0839 50D

よみがえれボールドウィン実行委員会「ホイットカム塗装修復完成披露会」です。良い天気になりました。いよいよ開式、当会会員の司会で始まりました。

_mg_0847 _mg_0850

林業機械化センター安藤所長(左)からは我々に労いのお言葉を頂戴しました。よみがえれボールドウィン実行委員会丸山会長(右)は挨拶の中で動態化に向けてアピール。

_mg_0853 _mg_0860

沼田市長星野氏(左) お三方による除幕です(右)

_mg_0865

いろいろな方のご尽力を頂き修復作業を無事進める事が出来ました。ありがとうございました。

さてさて式はこの辺で、おまつりの始まりです。

_mg_0871 

当会会員提供の5インチSLも大活躍。甲高い汽笛が山間に響き渡ります。

_mg_0874 _mg_0875

親機館内では根利森林軌道(利根林道)の調査報告展示(左)。当会3年間の活動報告(右) お越し頂いた方々の中には、かつての利根林道の様子をご存じの方、昔、KATOの運転をしていた方などがいらして興味深いお話しを聞く事が出来ました。

_mg_0893

ボールドウィンも引き出され、光線状態が良くなった午後は撮影タイムです。それにしてもホイットカムは小さくて可愛いですね。

_mg_0917

更に陽が回り、協三DLにも陽が当たります。当会3年間の成果が勢揃いしました!

遙か昔、写真でしか見た事がない3台の現役時代に思いを馳る。早朝、麓の集材場で待機する機関車達。出発の汽笛、小さな体を揺らしながら沢山の空台車を連ね森の中へ入って行く。高度をかせぐため森の中をくねくね登る。木材で作った橋で沢を越えて、素堀りのトンネルを抜けて、時には崖に張り付く様に敷かれたレールの上をトコトコ進んで行く。、森の中では機関車よりも大きな木材を台車に積み込む。帰りは下り坂、木材満載の台車を連ねた列車に背中を押されながら森を下る。ブレーキを効かせスピードを殺しながら懸命な運転。そんな光景が全国あちらこちらで当たり前の様に見られた時代。タイムマシンがあるならば、そんな時代に出掛けて見たい。

時間が過ぎるのは早いもので、陽も傾き終演の時間となりました。

_mg_0927

屋根のある場所へ子供らの力でホイットカムを押し込みます。

_mg_0933

_mg_0938

続いてボールドウィン。こちらは大人が担当。

その他、後かたづけ済ませた頃には陽も落ち暗くなってきました。

_mg_0940

たのしい一日でした。「

「いつの日か機関車達が自力で動き出すまで頑張りましょう」

最後に、お越し頂いた皆様、ご協力ご尽力頂いた皆様、いたらぬ点も数多く有ったと思いますが根利での一日どうでしたか?これからも末永く「よみがえれボールドウィン実行委員会」をよろしくお願い致します。

_mg_0907

↑鉄道写真家 諸河久氏にシャッターを切って頂きました、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根利森林鉄道まつり (上)

ホイットカムの塗装修復が完了しました。我々「よみがえれボールドウィン実行委員会」が一昨年のボールドウィンB1リアタンク蒸気機関車、昨年の協三10tDLに続き、今春から進めていたホイットカムの塗装修復が完了し、先日19日(日)、保管場所である林野庁林業機械化センターの於いて完成披露会が行われました。

まずは前日の18日(土)に最後の仕上げ、準備作業を行いました。

_mg_0774 50D

ヘッドライト取付、窓をはめ込みます、排気管は銀色に。

_mg_0809 50D

午後、オリジナル銘板から複製したエッチング銘板も所定の位置に取り付けました。

一方、根利森林軌道(利根林道)の調査報告も展示すべく「親機館」内での作業が進んでいます。

_mg_0768 50D

_mg_0772 50D

▲2008年10月18日 沼田市根利

日が陰る間近、木々に遮られていた太陽光線がホイットカムに当たります。作業の手を休め、皆でしばし撮影タイムとなりました。

_mg_0785 50D

_mg_0782 50D

_mg_0784 50D

_mg_0801 50D

太陽光線の当たり具合で微妙に色合いが変化するホイットカム。青空と紅葉が進んだ辺りの木々が相まって良い雰囲気です。

_mg_0816 50D

向かいの山に太陽が沈む頃、最後の仕上げ。何となく好ましい光線状態です。

_mg_0817 50D

5インチの線路も敷設。丸山会長の仕事、丸山製作所5インチ鉄道模型製作。協三工業特殊軽量機関車の模型です。実機は根利森林軌道(利根林道)でも活躍していたようです。

_mg_0824 50D

夕暮れ時。ルームランプを灯す。

_mg_0836 50D

▲2008年10月18日 沼田市根利

陽が沈むと辺りは真っ暗、親機館の外灯がいい感じ。 

一夜明けると「根利森林鉄道まつり」ホイットカム塗装修復完成披露会です。 続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快晴の根利

快晴の根利
根利森林鉄道まつりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備完了

準備完了
明日19日は根利森林鉄道まつり。綺麗になったホイットカムのお披露目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汽車見物

ベンチに座っていい感じのお二人。

_mg_0315_1 50D

汽笛に気づいて辺りをキョロキョロ。しばらくして目の前をD51が通り過ぎる。△2008年10月11日 上越線 下り

そういえば最近はファインダー越しの狭い空間に閉じ込められたD51ばかり見てるなぁ~。たまにはのんびり汽車見物なんてのもいいなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日もD51

今日もピーカン。青空が広がっていました。日頃の行いですね。

_mg_0661_1 50D

まずはドカンと一発。右600R 10‰ ちょこっと首を傾げて坂を登って来ました。いい顔してますね。 ▲2008年10月16日 上越線 下り訓練運転

澄み渡る青空がいい気持ち。

_mg_0686_1 50D

▲2008年10月16日 上越線 下り訓練運転

今日はこの辺で (^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水撒きD51

15日、D51はお休みでした。

そんな訳で、先日見た光景を一つ。

_mg_0572_1_2 50D

▲2008年10月13日 上越線 水上

キャブ屋根後端に水撒き管からテンダーの石炭に水を撒いています。石炭の飛散を防ぐために付けられた装置のようですが、適度の水撒きは水蒸気の効果で通風が促進され燃焼が改善し石炭消費量の減少させる効果があるそうです。

まあ見ている方は燃費より爆煙のD51を見たい訳で、、、、どんどん石炭を焚いて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体育の日 D51498 その2

昨日の続きです。

この季節、上りの時間にともなると陽も傾いてきて沿線のススキも輝きを増してきます。あっちのススキも綺麗だし、そっちも輝いてるし、、、どうしましょう(^o^)

で結局、、。

_mg_0592_1 50D

▲2008年10月13日 上越線 上り   夕陽に輝くススキは何とも言えないいい雰囲気です。ダッシュしてくるD51も素敵です。 

_mg_0601_1 50D

ここまで来るとダッシュは終わり絶気状態、残煙が辺りを包みました。

上手い具合に次駅停車中にD51を追い越せたので次は「あっちで撮ろう」などと皮算用しつつR17を南下、、、。そうか連休最終日だった、、、案の定、岩本駅前の信号で引っかかり車の中からD51を見送る事に、、。

その後は順調、渋川停車中に追い越し、本日の狙い、もう一つ。

_mg_0618_1 50D

月と絡めて撮れました。陽は隠れたしまいましたが、うっすら輝くテンダーも綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体育の日 D51498

ピーカンでした。朝、空を見上げると真っ青な空が広がっていました。となればD51を見に行かなくてはなりません。

先行の下り電車が少し遅れてやって来たので心配しましたがD51は無事やって来ました。

_mg_0478_1 50D

コスモス。雲の代わりに空に置いてみました。「ピンクの雲」 榛名山も綺麗に見えています。 ▲2008年10月13日 上越線 下り

次は、、、。どこで撮ろうかあれこれ悩んでいる内に時間が迫る。

_mg_0491_1 50D

一段高い所に咲いていたコスモスを利用して「ピンクのD51」

_mg_0493_1 50D

近所の人もD51見物にやって来ました。▲2008年10月13日 上越線 下り

この後は水上へ先回り

_mg_0519_1 50D

ススキが輝いてます。入れ換え中しばらくここで眺めていました。

_mg_0528_1 50D

▲2008年10月13日 水上

輝くススキが綺麗です。上りのネタはススキに決定!明日ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルビアなD51

_mg_0445 _mg_0451 50D

目の覚めるような青空に刷毛で画いたような雲。青空を強調、硬調仕上げのRAW現像。今日の空のイメージはこんな感じでした。普段は落ち着いた色合いが好みなので軟調仕上げが主ですがカリッとしたベルビアのような画も楽しいですね。▲2008年10月12日 上越線

今日のD51は残念ながらここだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のD51498

D51498。東北遠征を終え久しぶりに上越線に姿を見せました。

_mg_0312_1 50D

秋空がいい感じでした。D51もまずまずの煙ですした。 ▲2008年10月11日 上越線

久しぶりの上越線なのでロケハンしながらあっち行ったりこっち行ったり撮る場所も定まらないまま水上へ。

どういう訳か雨が降りだした水上。雨男さんが来てますね。「鉄」仲間と昼食後、D51のもとへ戻ると、、。

_mg_0364_1 50D

出発準備に忙しいD51。背後に虹が架かっていました。合成じゃないですよ。

_mg_0367_1 50D

いい感じですね。雨男さん、皆さんに感謝感謝(^o^) ▲2008年10月11日 水上

どうも雨は水上あたりだったようで二駅戻ると良い天気でした。

_mg_0398_1 50D

空の雲は激しく動く。稲刈りは終わり、しばらく来ない間に秋は深まっていました。D51も白煙が綺麗な季節になってきました。

_mg_0422_1 50D

秋の空は変化があって楽しいですね。今日一日、空を見上げていたら肩が固まってしまいました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

エッチング銘板

19日は「ホイットカム塗装修復完成披露会、2008根利森林鉄道まつり」です。そのホイットカムの銘板ですがオリジナルのエッチング銘板は0.3t程の薄い真鍮板。亀裂が入ったり一部が欠損していたり表面は酸化して汚れてしまっています。新製当時の輝きを再現したく複製にチャレンジしてみました。自作プリント基板の方法を応用してみます。

File0074

File0075a

スキャンしてパソコンに取り込んだ物を画像処理を駆使し文字の輪郭を探りつつエッチングで溶かす部分を消していきます。実物と見比べながら作業は結構たいへんでした。ロット番号はオリジナルは打刻印ですが同じ様な書体が手元にないのでエッチングで表現してしまうことにしました。

本来なら左右2枚ある銘板各々を複製した方が良いのでしょうが、状態の良い片方を利用し2枚作ることにしました。とりあえず紙にプリントし状態を見ます。何度か調整を繰り返した後、エッチングマスクを作成します。専用のマスク用紙にレーザープリンターでプリントし不要部分を溶剤で拭き取るとインレタの様な状態の物が出来上がります↓。

R0010657 R0010658   

0.3t真鍮板に転写、余分な部分をハサミでカットし余白はセロハンテープでマスクしエッチング液の中へ↓

R0010661 R0010663_3 

頃合いを見て引き上げます。水洗いし、クレンザーで磨いて出来上がり。

R0010672

クリアーラッカーをスプレーし保護します。後は寸法に切り出して出来上がりです。写真では分かりにくいですが金色に輝く「ホイットカムの銘板」。きれいですよ (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏切待ち その54

今日も遭遇。「踏切待ちシリーズその54回目」です。

前橋から高崎へ向かう途中。高速道路沿いの道で遭遇。

_mg_0271 50D

▲2008年10月9日 上越線   沿線はすっかり秋の風情ですね。今日は仕事のお供に50Dを連れていきました。この画はダイナミックレンジ拡張(高輝度側・階調優先)をONにして撮りました。室内のトーンを残しつつ空の色もそこそこ出てますね。30Dでは露出をアンダーにして空のトーンを残る様に撮ってRAW現像時ダイナミックレンジ拡張。露光調整しつつ現像してました。出た目の露出でOKな50Dではその手間が一切省けるみたいですね。太陽に向かって撮るのが好みの自分にはありがたい機能なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏切待ち その53

さて、週末にD51が上越路に帰ってきますね。このところ煙分不足気味でしたから楽しみな週末です。そんな上越線で2ヶ月程前に遭遇した踏切待ちです。久しぶりの「踏切待ちシリーズその53回目」です(^O^)

SLみなかみ号D51を撮った後、水上へ向かおうとした所で遭遇。

_mg_9877 30D

▲2008年8月15日 上越線 

 「この踏切、下りはなかなか開かないのよね」と、ミニカーに乗ったおばあちゃん 「駅に着く前から鳴りますからね」と、自分。ちょっとの差で閉まったしまった踏切に「お怒り気味(^o^)」のミニカーおばあちゃんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホイットカム第6回修復作業

ホイットカム塗装修復作業、10月5日(日)は第6回目の作業日でした。

曇り空の沼田市根利。「よみがえれボールドウィン実行委員会」のメンバー20余名で作業開始です。作業場所まで機関車を押しだし塗装済みの各パーツを組み付けていきます。

_mg_1043 30D

↑キャブ内のパネル、床板の取付↓。

_mg_1047 30D

現役当時、現物合わ改造された思われるキャブ、歪みもあってすんなり組み立てとは行きません。押したり引いたり叩いたり、苦労しています。

_mg_1046  30D

↑ラジエターは黒色。周囲をマスキングして吹き付け塗装しました。

_mg_1049 30D

↑キャブ内が一段落した所で屋根を取り付けます。↓

_mg_1051 30D

屋根を組み付けた所で昼休み。午後はエンジンルーム。ボンネットを取付。キャブ内の塗装です。

_mg_1054 30D

人の大きさと比べるとホイットカムの小ささが一目瞭然。

その後、ラジエターガードを取付。軸箱は黒色を塗りました。

_mg_1061 30D

皆の活躍でこの日ほぼ組み上がった機関車。成果を皆で遠目に眺めます。月1回、半年に渡って続いた作業もいよいよ完成に近づいてきました。

_mg_1062 30D

_mg_1064 30D

残すはヘッドライトの取付、側窓、背面戸の組み込みです。

_mg_1070 30D

毎回修復の度にお手伝いいただいた群馬県立産業技術専門校塗装科の先生方。下地処理、塗料の選定、調合、塗り方など塗装に関する一切を御指導いただきました。

_mg_1066 30D

さて、お知らせです。塗装修復完成したホイットカムを公開いたします。

20081019__2

(画像クリックでポップアップ拡大します)

10月19日(日)です。お誘い合わせの上お越し下さい。なお前日の18日(土)は現地にて準備作業を行っていますので機関車の見学は可能です。

_mg_1068 30D

色づき始めた木々も目に付く様になってきました。ドライブの途中にちょこっと寄り道してみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい国鉄車両

先日寄った碓氷峠鉄道文化村には懐かしい国鉄車両が保存展示されています。

Rimg2909_1 R8

キハ20467。現役晩年は「高崎第一機関区」所属で足尾線、八高線で活躍してました。今はオリジナルのツートンカラーですが晩年首都圏色でオレンジ一色に塗られ走っていました。DMH17Cのエンジン音が今にも聞こえてきそうです。

Rimg2905_1 R8

キハ35901。同じく八高線、川越線で活躍していました。ステンレス車体で昔は銀色に輝いていましたが晩年首都圏色に塗られこの様な姿に。背後に見えるのは体験運転中のEF63。

そのEF63とペアーを組んで登場したのがEF62。

Rimg2900_1 R8

かつての検修庫の中で保管されています。信越線の軸重制限のため軽量化設計、C+Cの台車が奏でるタタタン、タタタン、タタタン、、のジョイント音は独特で今でも大好きな電気機関車の一つです。復活して走らないかな、、、。

Rimg2971_1 R8

さよなら運転のヘッドマークも色がかすれています。横軽運転休止からもう11年経過してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は、、、。

10月2.3日は「日本鉄道保存協会(RPSJ)」2008年総会でした。「よみがえれボールドウィン実行委員会」として丸山会長共々参加してきました。

総会は磯部温泉「高台旅館」を会場に議事を進行、来賓講演、事例報告討論など予定時間を押して大いに盛り上がりました。

翌日は碓氷峠へ。

Rimg2876_1 リコーR8

バスで碓氷第三橋梁(通称めがね橋)へ。

Rimg2882_1

見上げると、その大きさに圧倒される。

観光案内ボランティアの方の説明を受けながら橋の上に登り信越本線旧線跡を歩きます。

Rimg2886_1 R8

ここから横川駅に至る旧線跡は遊歩道として整備されています。

Rimg2893_1 R8

レンガ積みのトンネルの中も歩けます。ひんやりした空気が気持ちいい。

Rimg2894_1 R8

最大66.7‰勾配の下り坂。めがね橋から約1km歩いて、碓氷湖に到着、再びバスで「碓氷峠鉄道文化村」 へ。特別運行の「シェルパくん」で「峠の湯」まで登ります。

Rimg2935_1 R8

途中の「まるやま」駅で途中下車。レンガ造の丸山変電所跡は保存修復され綺麗な姿を見せています。

Rimg2925_1 R8

横軽区間が運転休止となる数年前、横軽ファンの手で植えられたコスモスも未だ健在、ちょうど見頃で咲き乱れていました。

Rimg2934_1 R8

デビッド・モーガン氏(英国鉄道保存協会会長) 昨日の講演でお聞きした英国の保存鉄道の現状には羨ましい限り、この分野では日本はかなり立ち後れていますね。出発時間が迫り皆に「さ・よ・な・ら・」と帽子を振るデビット氏。

Rimg2937a_1 R8

再び「シェルパくん」に乗り込み「峠の湯」をめざします。ここからが本格的な急勾配区間。今までの25‰-40‰とは違い65‰となる(勾配票は66、*らしき表記ですが当時の線路図によるとここから65‰)

Rimg2943_1 R8

「峠の湯」に到着したシェルパくん。

Rimg2953_1 R8

レストラン「亜符杜」(アプト)で昼食後散会となりました。

Rimg2955_1

再び「シェルパくん」に乗車し横川まで下ります。

講演内容も興味深い物ばかりでした、様々な保存団体の方々と交流が出来、とても有意義な2日間でした。

保存鉄道つながりですが、明日(5日)は沼田へ、よみがえれボールドウィン実行委員会」ホイットカム塗装修復作業。こちらもまた楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次は…

次は…
碓氷峠鉄道文化村の見学会です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めがね橋2

めがね橋2
線路敷きに登って来ました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

めがね橋

めがね橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩は

昨晩は
昨晩は磯部温泉でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホイットカムの銘板

今週末10月5日(日)は「よみがえれボールドウィン実行委員会」第6回目「ホイットカム修復作業」です。作業もいよいよ大詰め。完成に近づいています。(今までの経過は左サイドバーのリンクからどうぞ)

_mg_0251a_1

アメリカ生まれのこの機関車、幾度となく改造が施されエンジンは日本製に、車体も継ぎ足し継ぎ足し現在の姿になりました。塗色もオリジナルの黒色から始まり今回塗った緑色、更にはツートンカラーの時もあったような記述もあります。そんな「ホイットカム」ですが残っていたのです。オリジナルの製造銘板。薄い真鍮板にエッチング加工が施された銘板のため今まで消失しなかったのが奇跡としか言いようがありません。

写真はオリジナル銘板のスキャンデータを基に作った物をプリントアウトしたもの。原寸です。

ここ一週間こんな事していて眼がショボショボ。寝不足の日々でした。

余談

この写真、EOS50D、手持ち撮影、ISO3200、AV優先オート、JPEGです。高感度ノイズ耐性もよさそうです。30Dの様な暗部に変な色のノイズも出ずハイライト部も増感フィルム粒子の様な感じで楽しめそうなカメラです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »