« 夜汽車 | トップページ | 今日は棚下、大岩で »

ホイットカム第4回修復作業

  8月17日。「よみがえれボールドウィン実行委員会」ホイットカム第4回修復作業でした。沼田市利根町根利に向かう道中。大間々辺りでは大雨。R122から沼田へ至る道に入ると霧が立ちこめ修復作業への影響を心配しつつ根利へと向かう。トンネルを過ぎ峠を越え根利へと下って行くと不思議と天候が回復していました。

ミーティングの後、早速修復作業開始です。(全て画像をクリックするとポップアップして大きな画像となります)

_mg_0009

▲2008年8月17日 林業機械化センター  キャブ周り塗装剥離作業の続き。小さいのでキャブ内は作業定員1人。

_mg_0007

ラジエターガードの錆落とし。

_mg_0015

キャブ屋根裏側の下地処理作業。ライトグリーンで塗られていた室内。塗装を剥がしてゆくと水色の塗色が出現。その下は鉄板地肌だったので当初は水色の室内と推定。

_mg_0022 _mg_0020

キャブ下側のLアングル鋼には何やら英語表記。USA。ILLINOISと読める。ホイットカム出生地もILLINOIS。Nの字が洒落ている。鋼材メーカーの物かそれとも、、、。

_mg_0026

前回下塗りが完了していたパーツ類は上塗り塗装を行いました。濃緑は機関車外部色。淡緑はキャブ内部色です。

朝方は良い天気でしたが昼頃から時折雨の降る変わりやすい天気。そのためキャブを室内に移動。錆止め下塗り塗装を行いました。

_mg_0029 _mg_0030 _mg_0034

ガラス周囲をマスキングして窓、引き戸も下塗りを施します。

_mg_0012 _mg_0025

ホーン担当です。        メーターパネル担当です。

_mg_0035

 ↑この辺りのパーツは上塗り2回完了しました。

_mg_0049

キャブは下塗りが完了。

天候も回復してきたのでトラック部分の錆止め塗装を行いました。

_mg_0038

前回、白色錆止めを塗りかけたのですが内部が赤色錆止めだったので全体を赤色で統一してみました。

_mg_0041

「製作途中の機関車」みたいでいい感じですね。

一部上塗りまで完了しましたが、他の部分も全て下塗り錆止め塗装を終える事が出来ました。次回はトラック部分とキャブ、ボンネットを組み付け修整し上塗り塗装に取り掛かります。

今回ホイットカム修復の合間に今まで修復した機関車達を掃除しました。屋外展示に為どうしても枯れ葉や汚れが積もります。

_mg_0031 _mg_0044

磨き上げると再び輝きを取り戻しました。

_mg_0054

トラック部にはブルーシートを掛け、今回の修復作業は終了。次回の修復作業は来月。9月14日(日)午前10時からです。随時会員を募集しています。また見学も自由です。是非一度沼田市利根町根利へお越し下さい。

|

« 夜汽車 | トップページ | 今日は棚下、大岩で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/42197856

この記事へのトラックバック一覧です: ホイットカム第4回修復作業:

« 夜汽車 | トップページ | 今日は棚下、大岩で »