« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ついでに「鉄」

吾妻方面で仕事でした、、。次の現場に向かう道すがら、用足しに寄った駅。時刻表を見るともうすぐ電車が来る時刻。となれば、、、。

”ついで”に「鉄」、、、ですね。

Rimg2252_1 リコーR5

▲2008年6月30日 吾妻線 小野上   線路に敷く砕石を採る所ですね。空車の貨車が連なってました。今日は砕石運搬お休みのようです。

Rimg2254_1 リコーR5

ちょうど電車が交換。左が万座鹿沢口行き。右は高崎行き。両方とも115系。今だ健在です。

Rimg2257_1  リコーR5

高崎行きが行く。砕石を積み込む場所かな?貨車が留置されてます。

今日の”ついで”に「鉄」でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

100円レンズ

先日のカメラ中古市で購入したレンズで試し撮り。Σ70-210mm直進ズームです。直進ズームはオリンパスOM-1で35-105mmを使っていましたが近頃はとんとご無沙汰。懐かし感じの直進ズームです。さてどんな感じでしょうかね。何たって100円ですから写ればラッキーといった所です。

Rimg2250aリコーR5

30Dにセットしてみました。絞りは開放以外ではカメラ側がエラーとなってしまって作動しません。なので開放のみでの撮影です。AFはジージーと遅いながらもピントは合うようです。

雨上がりの午後。このセットで近所をお散歩してみました。

_mg_8192 30D

▲2008年6月29日  濡れた葉っぱに天使の輪が楽しいですね。こういう色の花は写欲をそそりますね。

_mg_8200 30D

背景もさほど変な感じではなく結構使えそうですよ。このレンズ小型で軽いし短いし、お散歩には良いかも。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都内へ

都内へ。神保町「書泉グランデ」6階へ行ってきました。

_mg_8141a_1

サイン会には沢山の濃い趣味人が集まっていました(^.^)。続編を望む声も多かった様に思えました。

さて、、。次は一緒についてきた子供の用事を済ませる番です。

_mg_8164_1 30D

八重洲口から浜松町へ移転した「ポケモンセンター」へ。電車が見える楽しいデッキがあります。ただここに来る人達は電車には興味が無いみたい。電車見てるのは自分だけでした(^^ゞ   透明プラスティックの塀が張り巡らされていて子供には安全ですが写り込みが難点。 

_mg_8175_1 30D

N700系、格好いいね。 と思っていたら

_mg_8176_1 30D

新旧700系がすれ違う所でした。▲2008年6月28日 浜松町

子供そっちのけで楽しんでます。   続く(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

構内踏切

昨日の構内踏切つながりで一つ。

秩父鉄道での遭遇したものをUPします。

Rimg2053_1 リコーR5

▲2008年3月22日 秩父鉄道   この様な看板があるものの地元の方の為か構内を横断して向こう側へ行けるようになっています。長い編成の貨物列車が停車すると駅構内を横断する踏切を跨いでしまいます。しばらく通れなくなってしまうんですよね。

Rimg2051_1 リコーR5

そんな事もあってか案内板が設置されています。踏切が閉まっている時間帯が分かる様になってます。貨物列車の時間が分かり何かと便利な案内板ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上電、、、。

単線の上電。交換駅では駅本屋からホームへ行くには構内踏切を渡って行きます。跨線橋は有りません。

_mg_8075 30D

▲2008年6月21日 上毛電気鉄道  赤い顔の風鈴電車がやって来ました。少しこの電車に揺られ移動です。

フリー切符ですから乗り降り自由。とある駅で下車。

_mg_8111 30D

私鉄の駅でよく見かけますよね。このトゲトゲ。かなり取れちゃってるますが、、。道路から近道してホームに上がらないようにするためだとか、、。

曇り空の一日。夕方近くなり陽が射してきました。

_mg_8125  30D

スタートした駅に戻り帰路につきました。▲2008年6月21日 大胡

来た電車に乗って、気が向いたら下車して、また乗って、、、。

こんな「鉄」もまた楽しい(^.^)

21日からの上電シリーズとりあえず終了です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

電車通学

車社会の群馬県ですが、学生さんにとっては鉄道は欠かせない存在。通学の足として大活躍の上電です。

とある駅で、、。

_mg_8082 30D

微妙な距離感の男子と女子、、、。

_mg_8113 30D

大きな荷物。部活の帰りかなぁ? ▲2008年6月21日 上毛電気鉄道

とある駅の光景でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風鈴電車

車内装飾が盛んな上電。この電車は風鈴が沢山ぶら下がっていました。

_mg_8037_2 30D

混雑時以外は自転車ごと乗り込める。これからお買い物に行くそうです。▲2008年6月21日 上毛電気鉄道

_mg_8044 30D

クーラーの風でチリリン。走行中電車が揺れるとチリン!チリン!! 風流ですね。 ▲2008年6月21日 上毛電気鉄道  

_mg_8040 30D

折返しの駅で。赤い電車が乗ってきた風鈴電車。黄色電車は先日UPした女性運転士の電車。黄色い方に乗ったのは言うまでもありません。

デハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさい電車

この時期、上電の車内は紫陽花でいっぱい(造花ですが)

つり革のバーに取り付けられた紫陽花の花。「あじさい電車」です。

_mg_8121 30D

▲2008年6月21日 上毛電気鉄道  電車に乗って外を眺めていると沿線にも紫陽花をちらほら見ることができます。妙に気になる一株を見つけ、とある駅で下車。紫陽花に向かいます。

_mg_8095 30D

こんな色の紫陽花が好きです。あまりの綺麗さに近づいたら紫陽花色の電車がとろけちゃいました。

デハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おでかけ。

どこ行くのかな?

_mg_8086 30D

上毛電気鉄道。

こんな時代もあったよね、、、。

上電シリーズ。もう少し続きます(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上電

スッキリしない天気、でも何かジメジメして暑い。でも何処か行きたい。

10-20mmと17-70mmのシグマコンビでお出掛けです。

向かった先は「上毛電気鉄道」通称、上電です。駅に車を置きフリー切符を購入。ホームに向かいます。

_mg_8036 30D

何本か駅撮りをしてから電車乗り込むと、、。

_mg_8045 30D

駅職員に軽く挨拶し出発進行。女性の運転士さんでした。当然このまま乗り続けて、車内が空いた頃 もう一枚二枚三枚、、、、、、。

_mg_8055 30D

きりっと束ねた髪、凛々しい後ろ姿。女性が運転すると乗り心地まで違って感じるのは気のせいだろうか、、。▲2008年6月21日 上電

_mg_8060 30D

ワンマンじゃなくてワンウーマン運転の上電。車内の後方確認用ミラーに映る運転士さんの横顔。格好いいですね。▲2008年6月21日上電

こんな電車に揺られて結局全線乗ってしまいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「すいか」に寄り道

先日、真岡市内で仕事でした。この辺りはしばらくぶりなので、さっさと仕事を済ませ、帰りにちょこっと寄り道してきました。

何処に寄り道かって、、。↓

Rimg0544a リコーR5

▲2008年6月19日 真岡鐵道  すいか色の気動車が可愛いです。辺りの田んぼは稲が伸び、カエルが合唱中。

Rimg0549a リコーR5

近くの駅に寄ってみた。2両編成の下り列車が到着。乗客が一人下車しました。この時間帯は空いてるのかな。▲2008年6月19日 真岡鐵道

Rimg0555a リコーR5

沿線を車でウロウロしながら移動。公民館の隣に神社?お寺?らしき建物に目がとまった。ちょうど列車が来る時刻なのでしばし待機して一枚撮りました。

この後は真岡駅へ移動。駅に着いてみると機関庫から煙が上がっているではないですか。蒸気を噴かしていました。

Rimg0557a リコーR5

C11が出稼ぎ中の今、留守を預かるC12。綺麗に磨かれてますね。時折、石炭の燃える匂いも漂ってきてやっぱり生きてる蒸気機関車はいいなぁ~。

いつもSLが走っている。いつでも撮れる。と思ってしまい足が向かない真岡鐵道。全線乗った記憶も無い。ちょっと行ってみようかなぁ、、。

ここに来たらやっぱりここでしょう↓

Dvc10205_2

少し早めの夕食。焼、水、半ライスをいただきました(^o^) 

今度は列車で来ましょうか。半ライスよりビールの方がいいもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄博寸景  2

「鉄博」の展示の特徴は情景展示。前回の続きです。

当時の様子が再現されていてなかなか楽しいです。

_mg_791130D+ZUIKO

ヘッドサイン交換ですね。上野駅で見た記憶があるような無いような、、。▲2008年6月12日。

_mg_7923 30D+ZUIKO

クモハ40の半室運転室を車外からのぞく。今の電車に比べたら狭い狭い。

_mg_7918 30D+ZUIKO

クモハ40室内はこんな感じ。半室運転室。通勤通学風景かな。そういえば最近女子のセーラー服姿を見かけませんね。今の制服も可愛くていいけど、、、。

_mg_7919 30D+ZUIKO

↑これは情景展示じゃないですよ。本物です、マネキンではありません(^.^)。お揃いの帽子かぶって「鉄博」に遠足かな?

_mg_7950 30D+ZUIKO

なんか落ち着く情景が盛り沢山の「鉄博」。また行こうかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おもちゃのまちの機関車

「昼鉄」です。

先週末、仕事で栃木まで行ってきました。恒例の(^.^)お昼休みに近くの駅までお散歩です。

Rimg2177_1リコーR5

▲2008年6月14日 東武宇都宮線 おもちゃのまち駅    以前から来てみたいと思っていたのでちょうど良かった。駅前に日車のSLが保存されてるのです。

Rimg2163_1 リコーR5

最近化粧直ししたのかな?綺麗ですね。この町の玩具メーカー、トミーの工場に保管されていたものを駅前に移し保存されてます。

Rimg2169_1_2 リコーR5

修復時の銘板ですね?昭和54年「TOMY」が洒落てますね。

Rimg2167_1 リコーR5

▲2008年6月14日 東武宇都宮線 おもちゃのまち駅  

各地で保存されている機関車達。いつまでも大事にしてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄博寸景

先日行った「鉄博」 ヒストリーゾーンには懐かしい風景が再現されていてホッとする場所。写真を撮るにしてもなかなか面白いところです。懐かしいと言うことで30年前レンズ、OMシステムのオリンパス24mmf2を30Dに装着して遊んできました。

_mg_7902 30D+ZUIKO

ステンレス切抜のJNR。格好いいですね。鈍く輝くライティングが渋い。 ▲2008年6月12日 鉄博

_mg_7909 30D+ZUIKO

明るい所はさすがににじみますね。でもこの感じ好きです。

_mg_7924 30D+ZUIKO

↑手前のキハにピント合わせる。最近の標準ズームよりシャープかも。背景のボケ具合もいい感じですね。意外に健闘してますねこのレンズ!▲2008年6月12日 鉄博

_mg_7932 30D+ZUIKO

それでも30Dのファインダーには閉口。ピントの山がつかみにくい。キヤノンさん次回機はいいファインダーをお願いしますね。それでもこのレンズとデジ一眼との組み合わせ。その場の雰囲気が再現できる感じがしてして良いかも。

追伸。この記事を書いたのが鉄博に行った翌日の13日夜。他の記事を優先して公開してませんでした。先日の「編集長敬白」で鉄道博物館学芸員の岸 由一郎さん遭難の記事。直接面識はありませんでしたが、鉄博のヒストリーゾーン企画実現に深く関わっていたとのこと。群馬県高崎市出身の岸さん。本日地元紙のおくやみ欄にありました。葬儀は上越線の電車がすぐそばを走る葬儀場。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホイットカム第2回修復作業

「よみがえれボールドウィン実行委員会」 今年はホイットカムの修復を行っています。今日は第2回修復作業でした。

_mg_7960 30D

前回、車両の入れ換えを行いホイットカムを修復場所に移動しました。清々しい高原の空気が気持ちいい絶好の修復日和。▲2008年6月15日 根利

_mg_7964 _mg_7975

修復前のホイットカム近影。

_mg_7968 30D

修復に先立ち新会員の紹介から、この道では有名な○○さんと□□さんです。著書もあわせてご紹介。更にホイットカムについてご教授頂きました。

さて、作業開始です。ボンネットを外すとエンジンが露出。

_mg_7977 30D

キャブ側の真ん中に燃料タンク。その両側は砂箱。

_mg_7995 30D

キャブ内は椅子、床板、メーターパネルなど取り外しスッキリ。エンジンは加藤製作所でしたがミッションには「SKW」の刻印。酒井製作所の様です。

午前中はここまで。昼食時間です。

_mg_7998 30D

丸山会長と銘板を拓本にとる○○氏。

昼食後。枕木を作業台にして取り外した外板の錆落としの開始です。

_mg_8002  30D

浮いた塗膜を順に剥がしてゆくと何層にも塗り重ねた色が見えてきます。

_mg_7987 _mg_8000

濃い緑色が最下段に塗られていました。仕上げ色の第1候補です。

_mg_8004  30D

かわいらしいキャブ。分割作業に突入です。

_mg_8008 30D

キャブの屋根が取り外されます。

_mg_8010 30D

早速錆落とし開始。ここまで来ると結局こうなります。↓

_mg_8012 _mg_8014 30D

キャブを台枠から下ろしました。シンプルな構造ですね。

_mg_8016

台枠の中にトラクターの動力ユニットを組み込んだ様な実にシンプルな構造。

_mg_8023 _mg_8021   

(左)軸箱蓋を開け中を見る。ジャーナル部分にはローラーベアリングが組み込まれている。ベアリング内輪にUSAの刻印が見えた。(右)エンジン銘板

ここまで分解したところで今回の修復作業は終了。

_mg_8028 30D

シートを掛け次回に備えます。ボールドウィン、協三DLも作業の様子を静かに見守っているかのようです。

_mg_7971 30D

▲2008年6月15日 林業機械化センター。 作業前ホイットカムを囲んで皆で記念撮影。

次回の修復作業は7月13日(日)です。取り外した部材の錆落とし、磨き、錆止め下塗り塗装を進めていきます。会員を随時募集中。一度遊びに来てみて下さい(^.^)

おまけ!

「ホイットカム動く!」以下のリンクからどうぞ↓

「20080615.wmv」をダウンロード

コンデジの動画ですが雰囲気を味わって下さい(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4色プレート

D51498。1988年復活してから今年でちょうど20年目。何か面白い事があるかと思っていたら、、、。

Rimg0539_2

近くの駅でパンフレットを見つけてきました。先月、水上で撮影していた画ですね。今年の夏はいつものSL奥利根号に加えSLみなかみ号が走りますね。都合週4日間ペース。パンフを広げてみると、、。

Rimg0540

D51498がド~ン。良く見ると更にビックリ。期間中プレートの色が変わる様です。赤→青→黒→緑の順で合計4色。

何色がお好みですか?とりあえず4色撮りに行かなくては(^o^)

詳しくはお近くの駅へ。パンフレットをGETしてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会議の前に、、、。

大宮で仕事でした。それも午後から。となれば午前中はこれですよね。

D51simu リコーR5

「D51シミュレーター」 今回で2回目、コンデジを助士席に置いて撮ってみました。編集してありますが、よろしかったらどうぞ見てやって下さいませ。

「d51simu20080612a.wmv」をダウンロード

初級モードとはいえやっぱり難しいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あかぎ号

字が抜けてた、、、。

あかぎ号
ビールで酔っ払って、とても充実した一日でした(^O^)

あかぎ号で帰宅です

| | コメント (5) | トラックバック (0)

会議の後は、、、

会議の後は、、、
大宮です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国鉄な風景

昨日の両毛線。最近にしては珍しい電車が通りました。

Rimg2144_1 リコーR5

国鉄時代、この色の電車がL特急としてあっちこっちで走ってましたね。10両、12両と長い編成でした。最近では6両編成とコンパクトにして団体列車として活躍しています。田舎っぽい景色で昔の写真みたいでしょ(^.^) 。▲2008年6月10日 両毛線

都内から前橋駅までの客扱いだったようですが留置する場所が無かったのか2つ先の駒形駅の中線までやって来ました。しばらくして折り返してきました。

Rimg2145_1 リコーR5

収穫間近の麦畑。ブルーの窓ガラスがこの頃の特急電車でした。後を切って撮ると昔みたく長~い編成みたいに見える、、かな?▲2008年6月10日 両毛線

夕方、会社近くを散歩中の風景でした(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51見学会 おまけ

D51の検修作業に欠かせない道具がこの小型車両移動機です。ロッド脱着などで位置合わせのためD51を動かす必要があるのですね。

Rmov0477_0001

▲2008年6月6日  「アント君」と呼んでいます。アント工業(株)社製の車両移動機。小さい体ながら力持ち、100トン超のD51498の巨体を楽々動かします。今回のSL見学会の時にも何度か活躍していました。コンデジのビデオモードですがその模様を撮ってきました。以下のリンクからどうぞ↓

「20080606.wmv」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51見学会 3

今日夕方の雷雨は凄かった。まるで連続ストロボを焚いたかの様に目の前でピカピカ、すぐに凄い音。その影響で会社近くの踏切は1地時間ほど開かずの踏切状態。落雷で踏切故障でした。

さてと本題。

今回のSL見学会、事前に許可をいただいていたので普段見られない景色?をじっくり見られて大満足でした。

Rimg2105_1

テンダー上からの景色は新鮮でした。▲2008年6月6日

今度は下からの景色、、、、。

Rimg2127_1 リコーR5

ピットに下りてD51を見上げる。台枠前縁をジャッキが支える、真ん中下に金色に光っている球体を通して先輪に荷重を伝える。▲2008年6月6日

Rimg2130_1 リコーR5

赤いシリンダー前蓋、台枠内側のイコライザー機構がよく見える、ブレーキ引き棒は検査のため外されています。

運転台にも上がらせてもらいました。

Rimg2093_1 リコーR5

Rimg2096_1 リコーR5

機関士席の後ろに立ってみました。▲2008年6月6日

焚き口の中。肉眼では真っ暗で何も見えません。カメラを向けて撮ってみました。

Rimg2092_1 リコーR5

耐熱レンガで仕切られた火室。奥には大小煙菅が見えます。下は火格子、運行時はこの上で石炭が赤々燃えています。上の方にちょこっと見えている物体。ここから重油を噴出させ石炭の燃焼を助けます。

今回はデジ一眼ではなくコンデジ使用でした。薄暗い庫の中、コンデジ特有の深いピントが欲しかったのが主な理由です。露出を少しマイナス補正、後はオートで撮りました。天窓から自然光が注ぐ庫の中、ストロボ発光具合が適切でいい感じに撮れました。

今回の見学会。関係各所の方々には大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51見学会 2

昨日に続いてSL見学会での模様です。

現在D51498は中間検査Aの真っ最中。各部を分解して検査。損傷の有無を確認し修繕を進めています。

Rimg0449a リコーR5

テンダー側板に検査修繕箇所を書き出しチェックをし作業を進めていきます。左下にはメインロッド、蒸気ドームカバーが見える。▲2008年6月6日

Rimg0446a リコーR5

先輪が外されています。バランスを取るため台枠前縁をジャッキUP。シリンダー前蓋が外されてます。シリンダー内部を点検調整。。▲2008年6月6日

Rimg2076_1 リコーR5

シリンダー内部のピストンが見えます。

Rimg2083_1 リコーR5

メインロッドは外されて探傷剤吹きつけ傷が無いか検査をしています。

Rimg2100_1 リコーR5

助手側も同じように部品が外され検査中ですね。

Rimg2087_1 リコーR5

当会「よみがえれ、、、。」の丸山会長(右)。何やら質問中?。

「ボールドウィンB1リアタンク」に比べ巨大なD51498ですが意外に共通点が多く今後の修復作業にも大いに参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51見学会

「よみがえれボールドウィン実行委員会」。6月6日。皆でD51498見学してきました。今回JR東日本関係各所に事前に見学許可を頂いており、じっくり見学させていただきました。写真もたくさん撮らせていただきました。とりあえず見学の様子を何点か見て下さい。

高崎駅に集合した一団は線路沿いの道を進み高崎車両センター高崎支所へ向かいました。到着後ヘルメットと安全ベストを装着し、いざSL庫へ向かいました。

Rimg2134_1 リコーR5

総勢12名SL庫の中で見学開始です。▲2008年6月6日 

Rimg0467a リコーR5

Rimg0471a リコーR5

特別にテンダーに上がらしていただいています。

Rimg0475a リコーR5

メインロッド、先輪などが見えますね。

Rimg0485a リコーR5

ロッドへの給油の仕組みの説明を受けています。毛糸を伝って流れる油。その微妙な巻き方で油量を調整しています。

夏のSL運行に向け着々と整備が続けられているD51498。各部が手作業で摺り合わされ調整されて組み上げていきます。0か1かデジタル全盛の現在、数値には表せない微妙なアナログ感覚満載で組み上がっているのがこのD51498。会員達も興味津々で見学していました。

Rimg0492a リコーR5

皆で記念撮影(^o^) 

関係各所の皆様。中間検査中の忙しい中、D51を見学させていただきましてありがとうございました。今夏、元気な姿で走るD51を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遮断機

遮断機を眺めていました。昨日の「心臓血管センター駅」で電車を待つ間の構内踏切です。

遮断機が向かい合って試合開始!剣道みたい?お馴染みのタイガー塗りの面を被って竹刀を振り下ろす?遮断機では横に振ってるだけで試合にならないですね。

Rimg2068a リコーR5

▲2008年6月4日 上毛電気鉄道   遮断棒は昔は竹でした。今は軽いファイバー製のようです。製造銘板良く見てみると、、、。

Rimg2069a リコーR5

AC105Vで動くのですね。家のコンセントに差し込んで開けたり閉めたり。警報機も必要ですね。一家に一台いかが?

なんてね(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボ健診の後

毎年この時期は会社の健康診断です。今年からお腹周り計ったりとかいわゆるメタボ健診が追加されました。力を入れてお腹に引っ込めて待っていると「息を吐いて~」であえなく脱力、プクッとお腹が出る始末。その後レントゲン撮ったりあっちこっち調べられ最後はいつもの胃カメラ。目の前のモニターに映し出される腹の中、いつもながら良く写る内視鏡の画に感動しきり、特に病変は無く一安心という所でした。のどの麻酔が切れるまで食事もままならないため近くの上毛電鉄へ寄り道です。

Rimg0428a リコーR5

凄い駅名ですよね。昔、信号所だった所が病院の移転に伴って駅に昇格したのです。

Rimg0422a リコーR5

駅から少し歩くと木橋があります。雨上がりのヒヤッとした空気が心地よい所。

Rimg0427a  リコーR5

SLなら爆煙であろう25‰を2両編成の電車は軽いモーター音を残し軽々登って行きました。

今日はこの辺で、、、。デハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真展

今朝、新聞を見ていると「四季のSL写真展」の記事が目にとまりました。近隣の藤岡市で行われている写真展です。雨で仕事の予定が変更になったのでちょこっとお邪魔してきました。(撮影者の了解を得ましたのでここに記載いたします)携帯電話のカメラのため画質に関してはご容赦くださいませ。

Dvc10192a 携帯にて

S40年代現役SL時代のモノクロ作品に先日の山梨でのD51など復活SLを含め全52点。興味深いものばかりです。会場を一回りし、お話を聞かせていただきました。今春に仕事を勇退されその記念に企画された写真展とのこと。地元八高線の「SLさよなら列車」を撮った事から本格的にこの「あぶない世界(^o^)」に入り込んだとの事。良い場所を確保するために夜明け前から撮影ポイントで待機した事や「この日は煙が倒れてね、、。」と上越線重連の画。もしかすると気づかぬ内に御一緒していたかもしれませんね。最近では只見線試運転に行かれたとの事でした。写真を見ながら楽しいひとときでした。

Dvc10190a 携帯にて

私のお気に入りは左端の画、上越線通称「木の根」ポイント、現在は真新しい沿線の家も12年前は画になる懐かしい家でした。

Dvc10189a 携帯にて

F5のブルゾンを着ている作者の後ろ姿、地元の方達と一枚の写真で盛り上がりました。上武鉄道(日丹線)のSLの写真です。作者が小学生の頃撮ったものだそうで懐かしそうに皆で当時を語っていました。

Dvc10188a 携帯にて

SLが本当に好きなんだなぁと感じられる写真の数々。最近、奇をてらいすぎる画が多くなってきた自分に問いかけたくなる写真展でした。

Dvc10194a 携帯にて

「四季のSL写真展」は上信越道藤岡インター近接の道の駅「ららん藤岡」花の交流館内で6月8日(日)まで。花の香りが心地よい所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕暮れ時

夕暮れ時。

昨日の黄金色の時間が過ぎると辺りに夕闇が迫って来る。

薄雲のフィルターに太陽光線も和らげられ穏やかな夕暮れ。

211系のステンレス車体も優しく染まる。

_mg_7682_1 30D

▲2008年6月1日 両毛線

夕暮れ時。

_mg_7696a  30D

様々な表情を見せるこの時間帯が現在のお気に入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金色

久しぶりの良い天気。お買い物に同行したり、これからの季節に備え網戸を外して水洗い。いろいろ用事を仰せつかり働いていました。

夕刻近く開放され近くの両毛線へ。

_mg_7654_1 30D

光の中から115系が飛び出してきました。麦畑も収穫間近で輝きを増しています。▲2008年6月1日 両毛線

さらに陽が傾くと辺りが黄金色に染まる。

_mg_7676_1 30D

黄金色の世界の中107系が来た。いい感じの色に染まりました。

とりあえず今日はこの辺で、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »