« 26日も房総へ | トップページ | 特急交換。 »

館山。影絵の世界

勝浦から館山へ。途中、安房鴨川で乗り継ぎ、普段なら空いているであろう4両編成の113系、この日はマラソンの救護車のごとく、各駅でカメラバッグ、三脚を抱えた人々を拾っていきます。館山に着いた頃には結構な混雑状態。

駅を出て電留線へ向かいます。

_mg_4385_1 30D

陽も傾いた電留線の奥。客車は既に切り離され、D51498は整備中でした。テンダー上では給水作業に石炭かき寄せ作業中。▲2008年1月26日 館山

_mg_4402_1 30D

煙突からの熱気で太陽もゆがむ。日の入りの時刻も近づいてきました。まだまだD51見物の人垣で辺りは騒然。▲2008年1月26日 館山

_mg_4417_1 30D

キャブ内でも明日に備えての点検中。キャブ内に沈む夕陽。人物も影絵の様。▲2008年1月26日 館山

陽が沈むまで楽しんだ館山。電車の時間も気にせず遊んでました。駅に戻ると次の電車は1時間以上後、、。ふと見るとJR高速バスの看板!。時刻表を見ると30分ヘッドで都内まで運行している感じ。今回はこれで都内へ出て帰宅する事としました。

Rimg1680a リコーR5

▲2008年1月26日 JRバス関東  車内は空いていました。快適な乗りごこちに一部記憶がありませんzzz、アクアラインを越え2時間余りで都内へ到着。電車に乗り継ぎ無事帰宅いたしました(^.^)

|

« 26日も房総へ | トップページ | 特急交換。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120523/17867666

この記事へのトラックバック一覧です: 館山。影絵の世界:

« 26日も房総へ | トップページ | 特急交換。 »