« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

昼休みに秩父鉄道

今日の仕事現場。近くに線路が走っていました。となるとやっぱり見に行かなくてはなりませんね。昼休み、お弁当持って出動です。

R0011124 リコーR5

先ずやって来たのはこれ。元JNR101系ですね、101系は好きな電車です▲2008年1月31日 秩父鉄道

続いてやって来たのは、、、。

R0011125 リコーR5

貨物列車。低く唸るモーター音が良いですね、ヲキの急かすようなジョイント音もいい感じ。

更に今度は反対側からも貨物列車!走り去る所を撮ります。

R0011128  リコーR5

人の顔に見えるヲキフの顔。見た事あるような?誰かに似ているような?思わず笑ってしまう(^o^) 落ち着いてお弁当も食べていられない程、次々やって来ます。嬉しい悲鳴! 

続いて来たのは、、。走り去る所を撮ります。

R0011129 リコーR5

地下鉄~、昔、模型屋さん(エコー)に行く時良く乗りました(^o^)。

そして、お昼休み最後にやって来たのは↓

R0011130 リコーR5

自分とほぼ同年齢の1000系。まだまだ現役です。お互い頑張りましょう(^o^)▲2008年1月31日 秩父鉄道

ほんの数十分でしたが貨物や色々な電車が見られて楽しい昼休みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急交換。

たまの遠征。本命の列車を見るのはもちろん楽しいですが、他にも普段は見ることがない電車を見る事もまた楽しいです。

DL南房総号が去ったあと、後続の普通電車の前に特急がやって来ました。それも両方向、この駅で交換です。

_mg_4354_1 30D

この特急、独特の顔をしてますね、車体断面のカーブも独特。▲2008年1月26日 外房線 安房小湊  

車販のお姉さんも対向の電車見てるようですね(^.^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

館山。影絵の世界

勝浦から館山へ。途中、安房鴨川で乗り継ぎ、普段なら空いているであろう4両編成の113系、この日はマラソンの救護車のごとく、各駅でカメラバッグ、三脚を抱えた人々を拾っていきます。館山に着いた頃には結構な混雑状態。

駅を出て電留線へ向かいます。

_mg_4385_1 30D

陽も傾いた電留線の奥。客車は既に切り離され、D51498は整備中でした。テンダー上では給水作業に石炭かき寄せ作業中。▲2008年1月26日 館山

_mg_4402_1 30D

煙突からの熱気で太陽もゆがむ。日の入りの時刻も近づいてきました。まだまだD51見物の人垣で辺りは騒然。▲2008年1月26日 館山

_mg_4417_1 30D

キャブ内でも明日に備えての点検中。キャブ内に沈む夕陽。人物も影絵の様。▲2008年1月26日 館山

陽が沈むまで楽しんだ館山。電車の時間も気にせず遊んでました。駅に戻ると次の電車は1時間以上後、、。ふと見るとJR高速バスの看板!。時刻表を見ると30分ヘッドで都内まで運行している感じ。今回はこれで都内へ出て帰宅する事としました。

Rimg1680a リコーR5

▲2008年1月26日 JRバス関東  車内は空いていました。快適な乗りごこちに一部記憶がありませんzzz、アクアラインを越え2時間余りで都内へ到着。電車に乗り継ぎ無事帰宅いたしました(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

26日も房総へ

先週19日に続いて26日外房線に行ってきました。もちろんD51498を見るためです。先週と同じく高崎線上り初電の乗り込みます。車内で「鉄」仲間と合流。房総半島をめざします。

上野から秋葉原で乗り換え総武緩行線で千葉へ。そこから安房鴨川行き113系の外房線に乗り込みました。

まずはDL南房総号を撮りに↓

_mg_4320_1 30D

どういう訳?かスッキリしない天気。薄日の中DL南房総号がやってきました。 ▲2008年1月26日 外房線 DL南房総号

_mg_4333_1 30D

最後尾にD51498がぶら下がっています。区名札には「勝」の文字。見慣れたD51498ですが高崎にいる時よりピカピカに磨かれていますね(^.^) ▲2008年1月26日 外房線

長時間停車のこの駅。ホームに入ってみます。

_mg_4343_1 30D

DE10+客車も珍しい存在ですね。でも12系にはDD51の方が似合ってると思うのですが、、、。

そうこうしている内にDL南房総号の発車時刻。

_mg_4348_1 30D

最後尾のD51、先頭のDE10の汽笛に応えて盛大な汽笛。地元の方々に見送られて出発進行。、、。▲2008年1月26日 外房線 上総小湊

この後、後続の電車で勝浦へ。途中直前横断の「鉄」おじさん達のため非常停止一回。危険ですから気をつけましょうね。

そうこうする内にD51歓迎ムードたっぷりの勝浦へ到着。駅前で振舞酒(甘酒ですが)を頂き、海をめざします。線路沿いに進み。砂浜が見える所へ。先日行った港は遙かに見えました。

今回の「D51と海」はこれ↓

_mg_4371_1 30D

▲2008年1月26日 外房線 SL南房総号   

勝浦の海、透明度が良くきれいですね。波も少し入れようと思いD51が小さくなりました(^^ゞ。上空ではヘリが2機、D51を追っかけてました。この日も沿線は沢山の人で賑わっていました。

この後は、海を見ながらの遅い昼食。後続電車で館山へ向かいました。

後ほど、、、。

おまけ

DL南房総号が到着した勝浦駅。後続電車で到着すると駅構内は大騒ぎ。グッズの販売でした。

Rimg1671a リコーR5

良く見ると「高運」の区名札が、、。お姉さんも大忙し(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は「ゆとり」

今春で引退が決定した「ゆとり」 27日上越路を駆け抜けたので見に行ってきました。既に定番撮影地は満員状態。下りは光線の事もあって最後尾を狙います。

_mg_4443_1 30D

ごちゃごちゃした場所なのでも誰もいません。室内からヘッドマークが掲げられているようです。屋根上にずらっと並んだクーラーは壮観▲2008年1月27日 上越線 9713レ

_mg_4459_1 30D

帰りもこの場所で待つ事に。ヘッドマークもなくスッキリ顔のEF6019が見られました。▲2008年1月27日 上越線 9712レ

この列車、渋川で長時間停車があるので先回り。

_mg_4471_1_2 30D

雪をまとった裾のが長く緩やかな赤城山。青空の下「ゆとり」がやって来ました。▲2008年1月27日 上越線 9712レ

この「ゆとり」。お座敷列車「ゆとり」ラストランとして各地を走るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

房総半島横断記 5

房総半島横断記の続きです。

いすみ鉄道に続いて「小湊鐵道」へ乗り換えです。

_mg_4301_1 30D

いすみ鉄道、終点に到着後しばらくすると好ましい配色の気動車がやって来た。▲2008年1月19日 上総中野

_mg_4305_1 30D

ガラガラガラとDMH17Cのアイドリング音が懐かしい。▲2008年1月19日 小湊鐵道 上総中野

_mg_4307_1 30D

竹を割ったような建物(トイレ)が背後に、上空には月が、、。かぐや姫の登場かなぁ? ▲2008年1月19日 小湊鐵道 上総中野

陽も落ち辺りは徐々に明るさを失ってゆく中、気動車は進む、、。懐かしいエンジン音を響かせ、ブレーキを軋ませ進む。

辺りがすっかり夕闇に包まれる頃、とある駅に到着。

Rimg1657_1 リコーR5

▲2008年1月19日 小湊鐵道

小湊鐵道。また来たいですね。

この後は内房線、京葉線と乗り継ぎ帰宅。楽しい一日でした(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

房総半島横断記 4

房総半島横断記を続けます(^^ゞ その4

SL号撮影に続いて次の目的である半島横断へ。乗り換え駅へ向かいます。

いすみ鉄道に乗り換えです。

_mg_4274_1 30D

▲2008年1月19日 いすみ鉄道   元国鉄木原線、廃止対象となったもののJRに継承、20年前、現在の第三セクター「いすみ鉄道」として開業。現在暫定存続期間中で今後の収支内容によっては、、、。です。

_mg_4276_1 30D

改札口、といっても駅員さんはいません。

_mg_4284_1 30D

黄色い軽快気動車。形は違いますが国鉄時代もレールバスの時期がありました。内房線特急が横をすり抜けて行きます。 ▲2008年1月19日 いすみ鉄道 大原

_mg_4286_1 30D

長閑な風景が広がる。(後部より)

_mg_4296_1 30D

バス同様オープンな運転席、前方展望も良く、乗り鉄には最高!

Rimg1654_1 30D(後部より)

終着駅間際。渓谷に架かる鉄橋を渡る。▲2008年1月19日 いすみ鉄道

_mg_4299_1 30D

あっという間に終着駅に到着。50分余りの乗車でしたが長閑な沿線風景に魅せられました。▲2008年1月19日 上総中野

さて。乗り換えです。今度は小湊鐵道。楽しみです。

つづく、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

房総半島横断記 3

房総半島横断記 続きです。

SL号が走り去った後。駅に戻りました。

Rimg1634_1 リコーR5

Rimg1635_1 リコーR5

D51歓迎ムードが満点。週末はお祭り騒ぎでしょうかね。また行こうかなぁ~▲2008年1月19日 勝浦

Rimg1639_1  リコーR5

SL号は3番線に到着、ホームのマークは昨年の物と同じみたいですね。丁度特急が入線してきました。

Rimg1637_1 リコーR5

2番線には勝浦始発の千葉行きが待機中。この辺りは113系がまだまだ現役です。

Rimg1645_1 リコーR5

ガラガラの車内。ボックス席を1つ貸し切り状態で次の目的地へ出発です。▲2008年1月19日 外房線

またまた続く、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の日

夕刻近く、所用で沼田へ。雪のあんばいはどうかなと思いR17を北上する事に。津久田辺りから木々に付着する雪がいい感じ。沼田市街から赤城山の北側に回り込み山の奥へ。目指すは根利。

Rimg1666a_1 リコーR5

降り続く雪。地面をすっかり覆い尽くす雪。寒い!▲2008年1月23日 沼田市利根町根利

Rimg1661a_1 リコーR5

吹き込んだ雪が機関車を飾ってますね。自然な事とはいえ、いい感じの仕上がりですね。▲2008年1月23日 沼田市利根町根利

陽が落ちてからも依然と降り続く雪。本格的な冬の到来ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

房総半島横断記 2

昨日の続きです。

一駅戻りSL号の出発駅へ。

_mg_4237_1 30D

▲2008年1月19日 勝浦漁港  キラキラ輝く海。岸壁では釣りを楽しむ人達。見るとと丁度石鯛を釣り上げた所だったりして、、のんびりと海風にあたるのもいいものです。お散歩中の方とお話ししながらSL号を待ちます。先行してDE10が単機で露払い。いよいよこの日の本命!SL号の出発です。

_mg_4246_1 30D

D51の汽笛に驚いたようでカモメが一斉に飛び立つ  ▲2008年1月19日 外房線

カモメを追って続けて一枚

_mg_4253_1 30D

良く見ると沿線にはかなりの人が出てますね。前後の道路がなければ、いい所なのですがね、、。

列車はトンネルを抜けるとまずは煙から姿を現しました。

_mg_4256_1 30D

家並みが途切れてる所、カモメが休んでる所、D51赤プレを狙います。

_mg_4264_1a_2  30D(トリミング)

「カモメと赤プレ」 上越では撮れないこんな画が見たかった。海まで来た甲斐がありました(^o^) ▲2008年1月19日 外房線   この後D51は再びトンネルへ、海を渡ってくる汽笛の音も中々乙な物です。彼方に見えるD51の煙を見ながらしばし余韻に浸っていました。また行きたいなぁ~、、、。

この後は、、、、。 続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

房総半島横断記  1

D51498。遠征先の千葉で大歓迎のようですね。試運転の19日、房総半島横断を決行。

高崎線の上り初電に乗り込み向かうは外房。意外と乗り継ぎがスムーズでかなり早めに目的地に到着。ロケハンのつもりでしたが、、。結果ハイキングとなってしまいました。

まずは駅をでて線路近くを散策。

_mg_4207_1 30D

住宅が密集する中。神社を発見。線路近くなのですが木々に遮られ線路は見えません。仕方なく海の方へ向かいました。

_mg_4209_1 30D

砂浜のほぼ中央に白い鳥居。久しぶりの潮の香り。砂浜をお散歩です。▲2008年1月19日 鵜原海岸    海岸に沿ってハイキングコースを歩いていると目の前にトンネルが、、、。

_mg_4211_1 30D

背丈ギリギリの高さ。抜けるとそこは小さな漁港でした。あちらこちら岬を散策、ちょっとした登山もしてみましたが都合よく線路が見渡せる所がなく結局、、、時間切れ、、、。

_mg_4215_1 30D

地元の方と一緒に駅の跨線橋から。トンネルに夾まれたこの駅。辛うじて海が見えました(^^ゞ ▲2008年1月19日 外房線 鵜原  交換のためDL号は数分間停車。

_mg_4224_1 30D

DLの汽笛に応えるようにD51も出発の汽笛。地元の方も感激の様子。乗務員さんは上越線でお馴染みの方々ですね。 ▲2008年1月19日 外房線 鵜原

この後は帰りの寄り道の都合上、後続の電車で勝浦へ。

お楽しみは、、、後ほど。 (^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上毛電気鉄道散歩 3

昨日の顚末は鋭意編集中(^^ゞ。

上毛電気鉄道。続きです。上空、戦闘機飛び回る14日この駅で少し遊んでいく事にしました。

_mg_4162 30D

陽もまわって前面が輝きだす。運転手さん、バイザーを下げ眩しそう。▲2008年1月14日 上毛電気鉄道(以下同じ)

冬は陽が落ちるのが早い。あっという間に空の色は青からオレンジへ。よく見ると西の空には一条の雲。陽が傾き、雲の中から見え隠れする太陽。丁度ピンクの電車がやって来ました。

_mg_4170 30D

雲の切れ目から射す陽。電車をオレンジ色に輝く。

_mg_4176 30D

次の電車到着間際、雲の中に太陽が隠れた。優しい光となって電車を照らす。

暗くなる前に、そろそろ帰りますか。

_mg_4184_2 30D

身近な路線も改めて見てみると中々どうして楽しいものです。見たところ沿線には様々な木々が見えました。これから先、季節ごとに何かと楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗車中

乗車中
心地よいエンジン音!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近道?回り道?

近道?回り道?
次はこちらへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみ〜!

うみ〜!
いい天気だけど風が冷たい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初電

始電
海までお出かけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘機

連日、前橋上空が賑やかなもので上毛電気鉄道をちょっとお休みして、、、、、。

上毛電気鉄道を撮っていた14日。やけに上空が賑やかなので電車の合間をみて上空を眺めていました。そうしたら、、、。

_mg_4153 30D(トリミング)

いましたいました。どこから飛んできたのか一機が上空で8の字書いたり急上昇したり、降下したり飛び回っていました。望遠レンズ(70~200)に付け替え、飛び回る戦闘機を狙ってみました。旋回中、陽を受けてお腹がクッキリ見えた。 ▲2008年1月14日 前橋上空

_mg_4156 30D(トリミング)

太陽に向かって飛んで行ったと思ったら急旋回。ベイパー(翼端渦)が青空に綺麗でした。。▲2008年1月14日 前橋上空

今週は連日上空は賑やかでした。友人の話によると米海軍F18。空母「キティーホーク」の艦載機のようです。利根川上空を上って山あいに分け入る景色が某国に似ているのかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上毛電気鉄道散歩 2

上毛電気鉄道。先日の「赤城山」の続いて今回のテーマは「輝き」。ステンレス車体は冬の低い陽を受けて輝きます。先日の画の中にも「輝き」を意識したものもありましたが今回は車両中心で。

_mg_4103 30D

2両編成がピッタリの鉄橋。▲2008年1月14日 上毛電気鉄道(以下同じ)

_mg_4136  30D

時刻表も持たずブラッと出掛けたこの日。近くの駅で時刻を確認しながら移動していました。よくみると日中は見事に30分ヘッド。交換駅との間では10数分ごとに右から左からやって来る。地方ローカル私鉄としてはかなりの運転頻度。いろんなカットが楽しめそうです。

_mg_4144 30D

始発駅近くに車を置き徒歩で沿線を散歩。陽を受け庭先のロウバイが輝いてました。

_mg_4148 30D

あっという間に一駅歩いてしまいました。おでこが黄色の電車がきました。ワンマン運転なので背後を見通すミラーがホームにあります。いい感じで日が当たりますねこの駅。ちょっと遊んでいく事にしました^.^)

続く、、、、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上毛電気鉄道散歩 1

上毛電気鉄道。あまりに身近すぎて何時でも撮れるなんて思ってる内に、元西武、その後の元東武もいなくなってしまいました。今は元京王井の頭線の電車が2両編成で行き来しています。冬の晴れ上がった先日、見に行ってきました。

_mg_4074 30D

連日の寒波で赤城山も雪化粧。冬の斜光線はステンレス車体を光らせます。▲2008年1月14日 上毛電気鉄道(以下同じ)

この日のテーマは「赤城山と輝き」

まずは赤城山編。見てやって下さいませ。

_mg_4084 30D

空の色は見事な青のグラデーション。雪国を越えてくる風は冷たい。

_mg_4090 30D

赤城山の裾野をのんびり走ってます。下手なカラーリングの電車よりステンレスの輝きを保った2両編成は意外に景色にマッチしてますね。

_mg_4108 30D

先頭部、おでこがピンク色の電車が来ました。

_mg_4119 30D

これが上電の標準色ですね。この日、目にしたのはこの色とピンク、黄色でした。

_mg_4143 30D

裾野が長く伸びる。この辺りから見る赤城山が好きですね。実は最初のカットの場所から徐々に中央前橋よりに移動してます。

続きは「輝き」、、。またいずれ、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏切待ち その37

踏切待ちシリーズ その37回目です。

2008年 最初の踏切待ちは、これになりました↓

_mg_4201 30D

パッと見て何だか分からないかもしれませんが、、。赤プレートが何とか分かるかな?D51498の回送列車です。目の前をゆっくり通過していきました、次位のオヤ12には道中見守る係員が添乗しているようでした。▲2008年1月14日 高崎線 和田多中踏切。

千葉、郡山とD51遠征。どうする自分?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

D51遠征!

D51498。ホームグランドを離れ、しばらく出張です。お見送りに行ってきました。

_mg_4191 30D

高崎駅に着いた時、D51498はオヤ12と共に既に中線に留置中。牽引機は機回し中でした。 ▲2008年1月14日 高崎駅

しばらくすると牽引機がやって来ました。

_mg_4192 30D

今日の牽引機はEF641001。D51に連結。

_mg_4196 30D

この後、客車を連結すべく南部入れ替え線へ引き上げます。▲2008年1月14日 高崎駅   

回送列車は発着する列車の合間を縫ってを列ね再び中線へ。「あかぎ号」が到着を待って回送列車は出発となります。

この後、ある所に移動しD51を待ちました。後ほど、、(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はたち

はたちになったということで、、。(^^ゞ

Rimg1594a

「鉄」ではないのですがお出掛け帰りに寄り道。健康診断にもなるので、年に数回行ってます。今回のお土産は、入浴剤に使い捨てカイロ、ティッシュにウェットティッシュ、クリアファイルなど結構豪華でした。

はたちになったら行きましょうね(^.^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

影森

外は雨降り、自宅でのんびりの休日でした。真岡のライブカメラを見たり、仲間から頂いたDVD(蒸気機関車のです)を鑑賞したり昼寝をしたり本を読んだり。とにかく自宅でじっとしてました。

_mg_2806_1 30D

▲2007年11月24日 秩父鉄道 影森  

朝日に照らされた高くそびえる照明灯が印象的。SLは春までお預けですが、可愛い貨物列車に会いに行ってみようかな~。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮へ

大宮へ
お取引先の新年会で来ています。駅前のイルミネーションが綺麗ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧客 ②

画一的な現在の電車と違って、今残っている旧客はそれぞれ違った雰囲気をもってますね。その中でも小窓が連なるスハフ32は他とは違う雰囲気を持っています。

Img_0001 30D

 ▲2008年1月8日 上越線 下り試運転

遠い昔の思い出、、、、。

スハフ32の座席に座り外を眺める。ひとりひとりに割り当てられた様に思える小窓。自分専用の小窓。窓枠が額縁のようで景色も程よく切り取られ、ひとりボックスを占領して旅を満喫するには最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧客

久しぶりに上越路を駆け抜けた旧客。

6400011 30D

急き立てるようなエンジン音もなく静かに出発の時を待つ。ゆっくり時が過ぎる。

6400010 30D

出発の時間が迫りD51がやって来ました。

6400009 30D

旧客の先頭にD51が回ってきて互いに静かに連結。ブレーキホースがつながれエアーを込める。ゆっくりと圧縮機が作動する。発車まで10分余り。ひと通りチェックが終わると、しばしの静寂、発電機の排気が風に煽られ辺りを包む。

出発に時間が迫る。前方の出発中継信号が縦一直線、進行の合図。ブロアーを効かせ石炭を数回くべる。みるみる内に缶圧が上昇してくる。缶圧高まった所で丁度出発の時間。絶妙なタイミング。

山あいに汽笛の音を響かせ滑るように発車。今日は風が強いようだ。煽られた煙が前方の視界を遮る。

6400005 30D

ゆっくりと走り去る旧客。いつの日かまた、、。

写真は全て2008年1月8日撮影 上越線

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旧客+D51 その2

昨日に続き今日も旧客+D51がありました。

いい天気、太陽がとても眩しい。昨日より少し手前で待機。下り坂にもかかわらず煙モクモクでやって来ました。

6400019 30D

▲2008年1月8日 上越線 下り試運転  今日は少し風が吹いてました。

例によって渋川の停車時間を利用し先回り。

6400014 30D

ロウバイのいい香りに包まれて撮影でした。ただヘリコプターが低空飛行。前数カットにはその機影が花びらの様に写り込んでました。▲2008年1月8日 上越線 下り試運転

気を取り直して先へ進みます。

6400013_2 30D トリミング

ヘリコプターとともにやって来ました。灰色から白色へ、煙の色を変えながらやって来ました。   ▲2008年1月8日 上越線 下り試運転

この後は水上へ。ちょこっと用事を済ませ駅構内でしばし撮影。上り出発を見送って沿線を南下。途中で追い越せたので撮ることに。

6400004 30D

夕日を受けて全てがギラギラと輝く。 ▲2008年1月8日 上越線 上り試運転

そして最後は、、、。

6400003 30D

列車の通過と共に青から赤へと変わる出発信号。▲2008年1月8日 上越線 上り試運転。

6400002 30D トリミング

またいつかこんな光景が見られるといいなぁ~。

それにしても今日はヘリコプターが低空で付き添っていたのでビデオの方は大変だったでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旧客+D51498

2008年上越線 D51は超サプライズのスタートでした。

_mg_3598_1 30D

赤プレート、旧客でやって来ました!! ▲2008年1月7日 上越線 下り試運転   旧客6両編成ですね。蒸気機関車にはやはり旧客が似合います。これを見たら追いかけない訳にはいかないですね。

_mg_3608_1 30D

冬枯れの景色に旧客が溶け込んでいい感じです。長時間列車が見渡せるこの辺り、汽笛が山あいに響いていい雰囲気です。 ▲2008年1月7日 上越線 下り試運転

更に北上。

_mg_3624_1 30D

12系客車と違いエンジン音が無いのでメカニカルな音、クランク音やジョイント音がよく聞こえます。旧客、冬枯れとシックなトーンばかりなのでリンゴ畑の緑の地面を少し入れてアクセントに。 ▲2008年1月7日 上越線 下り試運転

この後は水上機関区跡へ。上りは、あっちこっちで撮ってから、、、

_mg_3679_1 30D

かすかに明るさの残る空、広告灯に光る煙、客車の室内灯、カリッと綺麗なトーンの画も好きですが、明暗どちらかに偏った微妙なトーンの画も結構気に入ってます。 ▲2008年1月7日 上越線 上り試運転

2008年のD51はサプライズなスタートでした。今年も楽しませてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔々の秩父C58

昔のネガを整理しデジタル化しよう思いながらも撮影日等データーの不鮮明の物ばかり、記憶も定かではなく且つ懐かしさも相まって見入ってしまい一向に捗りません。またプリントは有るけれどネガが見つからない物まで出現し途方にくれています。

そんなプリントの中から秩父鉄道、旧客C58発見。

1a_1

同時プリントのサービス版サイズ。波久礼駅のようですね。

2a_1

浦山口をいい煙で通過。C58のパレオ塗装も懐かしい。バイク乗ってた時期から推測するとSL運行開始直後ですね。他カットには他界された懐かしい機関士さんの顔も写っていました。

これからも各地のSLが末永く運行されることを願って、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯上がり鉄道

昔は毎日銭湯に通っていました。今でこそ家に風呂は当たり前ですが、こんな銭湯が近くにあったら毎日通いたい(^ヘ^)v

@nifty、デイリーポータルZの12/24記事から。

Img_5973

16番(HO)のレイアウトがロビーを占領。湯上がり走り回る電車を眺めるなんて最高ですね。小岩の湯上がり鉄道「ともの湯」。行ってみたいな~。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斗星81号

元旦に遭遇した列車をもう一つ

Rimg1535aリコーR5

▲2008年1月1日 上野駅13番線 北斗星81号   検査上がりの綺麗な姿のEF8198が牽引機。のんびり夜汽車の旅もいいですね。

夜更かしが続いた正月。本日をもって仕事モードに強引に切り替えです(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がんばれ日本

今年もあと363日?オリンピックイヤーです。選手の活躍に期待したいですね。

Rimg1544a リコーR5

▲2008年1月1日 お茶の水  数本やり過ごし、お目当ての201系がやってきました。もうじき見られなくなるオレンジ一色の電車。どうしても今回乗りたかった。

Rimg1546a リコーR5

▲2008年1月1日 新宿   僅かな区間でしたが久しぶりに重厚なモーター音を聞くことが出来ました。

それにしても広田さんのお宅の大事件にはビックリ。詳細は鉄道写真.comのブログからどうぞ。皆さんもお気をつけて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシオペアに遭遇

昨日は恒例の新年会で都内へ。元旦ということもあってか上り高崎線はガラガラ、篭原で増結部分最後尾に乗り換え、ボックスシートを一つ確保、結局、上野まで数人が乗り込んだだけで周囲のボックス席は埋まることはありませんでした。

実はこの列車をチョイスした理由は訳がありました。それは↓

Rimg1526aリコーR5

時刻表を見ると浦和ー赤羽間でカシオペアとすれ違うことを発見。カメラをワイド端にセット。構図を決めて待っていると西川口を過ぎ川口の大カーブを下ってくる二筋のライトを遠くに発見!シャッター半押しでAFロックして息を凝らして待つ。前方の側窓を眺めタイミングを計りシャッターを切る。何とかフレーム内に前面を捕らえる事に成功。思わず小さくガッツポーズ。▲2008年1月1日 高崎線936M車内にて

人によっては退屈な電車移動。自分は大好きです!

今年も自己満足の数々。お付き合いいただきます様よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

_mg_1764b

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »