« 踏切待ち その26 | トップページ | 真岡鐵道に寄り道 »

朱色5号

関東鉄道常総線。先日も記事にした関東鉄道キハ101。朱色5号、JNR大宮工場が発端で相模線から八高線、川越線、さらに全国へと増殖した色いわゆる首都圏色といわれた色で登場です。お披露目の日に会いに行ってきました。

_mg_0716_1 36mm

直前で陽が陰ってしまいました。こちら側からの筑波山を撮ったのは何時以来でしょうか。2両編成かと思い、こんなカットにしました。▲2007年9月15日 関東鉄道常総線

_mg_0726_1 30mm

単行でした。JNRキハ30。昔、身近に見ていた色がこの朱色5号でした。当時は「なんでこんな色に、、」と思っていましたが、今日あらためて見ると懐かしくて、意外に似合ってるなんて思えてしまいます。 ▲2007年9月15日 関東鉄道常総線 下妻

_mg_0730_1 40mm

かつての八高線の駅にいる様な錯覚。 ▲2007年9月15日 関東鉄道常総線 下妻

天気が良いので再び筑波山が見える所へ移動。

_mg_0746_1 30mm

直前まで陰って居ましたが、雲の切れ目からキハにスポットライトの様に陽が射してきました。 ▲2007年9月15日 関東鉄道常総線

先日の八高線といい、昔の雰囲気が味わえる企画は良いですね。 

|

« 踏切待ち その26 | トップページ | 真岡鐵道に寄り道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朱色5号:

« 踏切待ち その26 | トップページ | 真岡鐵道に寄り道 »