« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

こんなのは如何?

上越線、棚下トンネル。前後の鉄橋辺りは、季節によって色々な表情を見せてくれて気になる場所のひとつです。

Img_0123_1 30D

2007年5月21日 上り訓練運転  沼田での仕事帰り、空を見上げると幾筋もの飛行機雲。R17からちょっと寄り道して例の橋の下へ。案の定、橋を突き刺す落雷のように雲が貫いていました。そこへD51が、、、。

また行こうかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D51のあとは、、。

D51の後は、、、。「水上2号」

Img_0153_1 30D

2007年5月24日 津久田ー岩本 

新緑の季節。カラフルな185系が似合いますね。 

棚下 三部作 完成です。さてと仕事に戻りましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すれ違いの後はD51

すれ違いの後はD51が来ます。

利根川を渡ってくる風が爽やかで気持ちの良い場所です。

Img_0149a_1 30D

2007年5月24日 津久田ー岩本

新葉を抜けて汽車はやって来ました。安全弁を噴かせて、先の10‰勾配トンネルにむけ蒸気は満タン!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

電車も好きです。

左右から電車が来て目の前ですれ違い。何か得した気分!

Img_0140_1 30D

2007年5月24日 津久田ー岩本。 

このシーンの後、しばらくするとD51がやって来ます、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SL好きです。

鉄道好きですから、、。仕事中でも時間が空くと線路を求めてしまうのです。

Img_0128a_1 30D

▲2007年5月21日 新前橋ー井野 上り   

なかでも蒸気機関車。男女問わず子供から大人まで、引き寄せる力は何なのでしょうか。その答えを求めに線路際に向かってしまうのです。

なんてね、気取りすぎ?(^^ゞ  さて、F1モナコでも見ることにしますか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日は上越線

今日は景色が霞んでスッキリしませんでした。喉もいがらっぽく、何かなと思い気象庁HPへ、、。どうやら黄砂の影響のようです。

そんな中、今日は午前中に仕事を集中させ午後は上越線へ。まずは水上でD51にご挨拶。そしていつもの上牧簡易食堂(謎)へ。

上りD51、どこで撮ろうかなぁ~。

で 結局ここで待ち受ける事に。

Img_0002_1_2 30D

木々の葉が陽の光を通して輝いてます。

なんとかしたいなぁ、と思いながら待つことに。

Img_0011_1 30D

▲2007年5月26日 上り訓練運転 第4利根川鉄橋 

花の方が気になってしまいました(^^ゞ ちょっと狙いすぎですね、草花は逆光線に輝いてきれいなのですが、、。肝心のD51がね、、。なんだかワカンナイですね。

そしていつものように渋川での停車時間を利用し先回り。

Img_0021_1_1 30D

▲2007年5月26日 上り訓練運転 新前橋ー井野 

D51は駅発車してこの辺りまで力行して来ます。時間になると人が集まってきました。

この後、面白い電車?を撮って今日は終了です。

今日御一緒頂いた、ミスター&ミセスさん、toshi_1966さんお世話になりました。また上牧簡易食堂にお立ち寄り頂いたhighlandさん、AE86さん、Chigichigiさん、MCさんもお世話になりました。またどこかでお会いできることを楽しみに、、、。

では。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ということで、、。

やっぱりC12を見てしまうと帰りづらいですよね、、、。

ということで引き返しました。(^^ゞ  茂木駅にC12が居ました。早速、隣の駅との間を行ったり来たり、どうしよう、大雨だし  

結局

_

車の窓を少し開け、リコーR5のムービーで。(道の駅 茂木)

「_.wmv」をダウンロード 

そして帰り道、七井駅の横を通ったのですが時計を見ると、まだ通過していない時間。

ということで、、、。

R0010750a リコーR5

この後は寄り道しないで汽車、いえ帰社しました。それにしても思わぬ煙分補給に仕事の疲れも吹っ飛んでしまいました(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり!

びっくり!携帯にて

▲益子駅跨線橋から。 早朝から仕事で茂木町に来てました。早々に仕事が片付いたので、寄り道しながらの帰り道、今日は無いよね、なんて思っていたら、。

車内は子供たちでいっぱいでした。遠足?雨降りでちょっとかわいそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只見にて

一連の只見編、最終回です。

今回是非見たかったシーンを見に只見へ到着。

Img_0036 30D

▲列車から切り離され転車台にやって来たC11。

Img_004230D

▲「せ~の」の掛け声で回り出しました。人力で転向させてます。

Img_0050 30D

▲転向完了。転車台を下りていきます。次に

Img_0053 30D

▲石炭補給!一袋づつ手渡しで積み込みます。大変ですね。

Img_0058_1 30D

▲各部の注油も済んで、水も満タンになりました。

Img_0063_1 30D

▲帰りの準備完了!空気圧縮機の音が周辺に響き渡ります。

一連の整備風景を見たかったのでここまで来てしまいました。スイッチ一つで折り返せる電車と違って、様々な作業が必要な蒸気機関車。人が関わらないと動かない所が電車にはない人間味があって皆を引きつける所なんでしょうね。

駅前で昼食を済ませ出てみると?国鉄色キハが、、。

Img_0066 30D

只見SLリレー号ですね。にくい演出ですね。3*年前にタイムスリップ!

次はもう一つの思い出の場所へ向かいます。

会津川口

Img_0078 30D

水際を走る線路、静かな水面、出発の汽笛が山々に響きわたります。

Img_0085 30D

昔はもう少し水面が高かった様な印象がありますが、、、。水面に映る列車も素敵で、ドラフト音もいい感じに響いて見とれてしまう好きな場所なのです。

最後は再び滝谷へ。既出の写真の通り煙はありませんでした。

ここで現地集合した皆様とはお別れ、自分は山越えで田島へ、会津西街道を南下、帰路につきました。

未だ昭和の雰囲気が残る只見線、また訪れたいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

滝谷から只見へ

一昨日の続き、只見線

滝谷で撮影後C11を追っかけました。途中勾配区間でC11と並走となり。窓全開でドラフト音を堪能しました。そして次のポイント到着。既に沢山の人、人、人。 そんな中C11がやって来ました。

Img_0021_2 30D

▲来ました来ました。

Img_0024 30D

▲いい景色ですね~。煙は薄く、川面は風で少し乱れてしまいましたが思わず見入ってしまうロケーションでした。

更に追っかけます。またまた追い越すことができました。

Img_0031 30D

▲こんな景色が好きですね。皆で小川で遊んで、田んぼでカエルを捕まえたりして。そのうち遠くで「ポーッ」と汽笛の音が。列車に駈け寄り皆で手を振ったりしたりしてね。

ちょっと余韻を楽しんだのち只見へ。

続く、、、、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「寒~い」

今日は只見をちょっと一休み。

Deji200706 

1ポイントいただきました。「ふぉとコン」 。一応SLファンなんですが、(^^ゞ

でもちょっとうれしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

只見線 滝谷 その2

滝谷。続きです。まずは、、、。

1_image305

滝谷川鉄橋を下流側の河原から見上げた所。この辺りでは地元の子供達が沢山泳いでました。当時DE10が牽く貨物列車を狙っていて、合間の時間は河原に下りて水遊び、、。泳いだり、、。現在この場所に行けるかどうかは今回未確認。

お待たせしました?。今回の目的の一つ。SL会津只見新緑号。

Img_0010_1 30D

▲2007年5月19日 滝谷  時折雨が降る中、汽笛が聞こえ、続いてドレンを切る音、間もなく木々の間から、列車はきれいな白煙でやって来ました。

Img_0019_2 30D

風もなく気温が低かった為か、列車は白煙を引いて先のトンネルに消えていきました。

この後追っかけて只見まで、返しも追っかけて、再度滝谷へ。

Img_0109_1 30D

2007年5月19日 モノクロで処理しました。昔の雰囲気出てるでしょ(^^ゞ 絶気でやって来ました、汽笛の蒸気だけが白く上がってます。

Img_0119 30D

陽も出て来たので再び駅構内へ。小道を行くと鉄橋の手前に出られました。新緑がとても眩しかったです。

3*年前、この先の山の斜面は絶好の撮影ポイントでしたね。皆さんも行ったのでは?現在は木々も伐採されたり成長したりで当時どこから撮ったのか定かではありません。

1_image104

既出の写真とは別の年月日。

滝谷はこの辺で、、、。只見線シリーズ。もう少し続きます、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只見線 滝谷 その1

無煙化後ですが`70年代に数回行ってます。今回3*年ぶりの只見線。SL会津只見新緑号が走ることもあって出掛けてきました。19日早朝自宅を出発、まずは日足トンネルをぬけ日光へ、ここからは会津西街道をひたすら北上です。野岩鉄道が右に左に上に下に交錯する新緑の中、カーステレオには70年代の音楽。楽しいドライブです。

R0010687_1 リコーR5

R0010692 リコーR5

会津田島、湯野上、懐かしい場所に寄り道しつつ旧会津線に沿って会津盆地へ。そして今回の第一目的地、滝谷へ。

R0010708 リコーR5

▲19日朝、雨模様。滝谷 当時の駅舎は既になく土間コンクリートが残るのみ。そこに小さな駅舎にトイレが建つ。

R0010710 リコーR5

▲ホームへの通路は当時の面影が、昔の記憶が蘇ってきます。

R0010704 リコーR5

▲18日UPした写真と見比べると、DCが入って来た線路は剥がされ、待合室は跡形も無い。ただホームに立つ木製電柱と何度も書き直された琺瑯の駅名表は当時の物かもしれない。ホームに上がり会津若松側を見ると、、。

R0010707 リコーR5

道路橋は新しくなった様です。ちなみに3*年前は、、。

1_image205

▲当時は駅員さんも居て、列車の交換、貨物扱いもあった様で立派な駅でした。ただレールだけは現在の方が立派で50kgレールになってました。

今日の所はこの辺で、、、。昔のネガをひっくり返していたら見入ってしまって作業が捗りません(^^ゞ

続きはまた明日、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只見の帰り道

只見の帰り道
足湯で疲労回復!
道の駅 湯西川

| | コメント (2) | トラックバック (0)

滝谷

滝谷
30年。木が伸びましたね。駅舎も変わりました。でも雰囲気は当時を思い出させます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

只見線へ

ここはどんな感じだろう。

Image00705 OM-1

1976年 夏 滝谷。 30年ぶりに明日行ってみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の綾戸

下見をかねて?ここへ。SL通過時間が近づくにつれ雨が降ってきました。だんだん強くなってきたので車まで戻りリアハッチを上げて雨宿り。時間です。

Img_0057_1 30D

▲棚下トンネル飛び出し。リアハッチを屋根代わりにして撮ります。雨が降りしきる中D51はやって来ました。

この後、不思議な事が、、、。

Img_0061_1_1 30D

煙がトンネルに吸いこまれているようです。

Img_0062_1_1 30D

通過直後。煙は?と思っていたら数秒後。

Img_0065_1 30D

トンネルから猛烈な煙が吹き出してきました。この状態が30秒ほど続いたでしょうか。なんか面白い物を見た今日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地元紙も注目

地元紙も注目。先日の協三10tの修復の様子です。

R0010683_1 低解像度

後ろにモデル役でこっそり写ってみました。

16番の模型より実車いじりが多い今日この頃。次回は6月17日(日)予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

只見線へ

先程やっとインターネットへ接続されました。帰宅してから数時間、どうにも接続されずパソコンまた壊れた?なんて心配しましたがどうやらNTTフレッツ側のトラブルで接続出来なかった様です。

R0010681_1

ちょっと前のRM誌。回線が復旧するまでの間、読んでました。今週は週末休めるように仕事を追い込んでおります(謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷が、、。

やっと屋外が静かになってきました。夜になってゴロゴロゴロ、ピカピカピカ。窓ガラスを揺さぶる雷が頭上で響きわたってました。万が一、、、。PC関係のコンセント抜いてジッとしてました(^^ゞ

そんな訳で今日は、このへんで、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみがえれボールドウィン2007

「よみがえれボールドウィン実行委員会」。今年は協三10tDLの修復をメインにボールドウィンの保守を行います。今日13日は平成19年度第1回の修復作業を行いました。

修復作業に先立ち、開会式を行いました。

R0010646_1 R0010648_1

▲左 機関車が保管されている林野庁森林技術研修所林業機械化センターの川添所長様から歓迎の言葉を頂戴しました。将来、機関車に火が入ることを期待させられる内容に会員らからは歓声があがりました。▲右 続いて当会丸山会長の挨拶。

R0010651_1 R0010660_1_1

▲左 来賓として地元沼田市の星野市長さんから心強いお言葉を頂戴しました。 続いて当該地区の沼田市根振興局長、昨年も塗装に関して御指導頂いた群馬県立産業技術専門校の先生方が紹介されました。更に当会会員から機関車の生い立ちなどを解説し参加会員皆で記念撮影となりました。

この後、修復作業の段取りを打ち合わせ、早速作業に取り掛かりました。

R0010665_1 R0010663_1

▲協三DLは浮いた塗膜をそぎ落とす作業。ボールドウィンは埃を払いロッド類を磨き上げ油で磨き上げる。

R0010669_1 R0010676_1

▲ボンネット等ボルトを外して分解。台枠の黒を剥がしていくと鮮やかな青色が。協三工業の文字は黄色、更に下は白色。大まかに塗膜を剥がした所で最終仕上げの色を決めて今回の作業は終了となりました。

R0010677_1

次回の修復作業は6月17日(日)です。会員は随時募集しています。見学は自由なのでお近くにお越しの際は是非ご覧になって下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お掃除中に、、。

最近休日は「鉄」が多かったかなぁ~。少しは家のことをしないと追い出されてしまいそう、、。なので今日は一日お家のお掃除などなど(^^ゞ 本棚を整理しているとこんな物が

R0010637_1

ヨドバシカメラ値段表。黄色い新聞?毎月発行していたような気がします。実はこれ昔頂いた古い日本観光地図(昭和25年版運輸省編)のカバーに利用していて、懐かしいカメラの名前がチラホラみえます。当時オリンパスOM-1を使っていて、これを見てはあれが欲しい、これが欲しいなどと考えていましたね。

PS, ノートパソコン治ってきました。写真編集中、煙が出て突然停止。以後何をしても起動せず心配しましたが、マザーボード交換で修理完了とのこと、内部データーは無事でした。何が原因かは証されず不明とのこと。無償でした。何かあるのかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

出張で、、。

出張で、、。
今日は電車出張で大宮から一駅。ニューシャトル大成駅に来ています。鉄道博物館の工事も進んでますね。開館が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報が正解

夕刻、社内にて作業していると突然、バラバラバラと屋根をたたく音。天気予報通り来ました。

R0010618a リコーR5

細かい氷り混じりの大雨でした。雷は鳴るし光るし落ちるし、作業の手を休めてしばし外を眺めていました。▲窓越しに外を眺める、遠くは明るさがあるのですが真上は暗い雨雲。

R0010624a リコーR5

▲風向きが変わり雨が窓をたたく。 窓ガラスがきれいになった(^o^)

空気が入れ変わった様で涼しい夜となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏切まち その13

GW家族ドライブ中。ちょっとトイレを拝借しに寄り道。丁度電車が入ってきました。

Img_0098a <30D

駅舎からホームへ渡る駅構内の踏切。今は跨線橋や橋上駅舎が多くなってしまいましたが、昔はどこでもこんな感じの駅が多かったですよね。▲2007年5月4日上毛電鉄、粕川駅 ここの電車はかつて京王井の頭線で走っていたもの。2両編成改造され今や上毛電鉄の主役に。おでこの色も様々で楽しませてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL列車?乗ってきました

SL列車?乗ってきました。一回70円。近所の小さな遊園地の乗物です。

Img_0112a <30D

ポーッ。と汽笛を鳴らし出発。煙突から煙?水煙が出てます。レールから集電して走る電車ですがなかなか良くできていてロッドが回るのを見ていると結構楽しかったりします。

Img_0114a <30D

線路は一部レールを共有して3線区間のあるエンドレス。トンネルも有るのです。▲写真は共に2007年5月4日、伊勢崎華蔵寺公園遊園地

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風が、、、。

GWも明けて職場でネットニュース見ていたら、、ビックリ。伊勢正三さんのコンサートになんと大久保さんが、、、。「風」が活動開始?

このニュースはこちらから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の日は家にいて

朝からシトシト。雨の一日でした。こんな日、蒸気の白煙が期待できますが今日は家でのんびり。昔のLPレコード引っ張り出して聞いてました。

R0010604a

山下久美子3rdアルバム「雨の日は家にいて」 アルバムタイトルと同名曲は1st面の3曲目、

のんびりレコードを聴く休日も良いですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヤマブキ色

奥利根は今が春真っ盛り。景色は若葉の山手線色。所々にヤマブキの中央緩行線色が絡んで都会の電車の様相。今回のSL奥利根号のヘッドマークも黄色、ということで今日はヤマブキ色に拘って、、、。

今日はこどもの日。D51のキャブに可愛い鯉のぼりが、、。

Img_0011a <30D

逆光線に光る新葉の黄緑。斜面のヤマブキの黄色が眩しくて綺麗でした。でも写真で表現するのは難しい。▲後閑ー上牧  野馬沢鉄橋

いつものように水上でD51にご挨拶。昼食は上牧の簡易食堂で皆さんと(謎)

さてと本命のSL奥利根号の時間です。

Img_0028a_1 <30D

線路奥の斜面にもヤマブキが咲いてました。ちょっと物足りなさを感じたので手前にも黄色を。

菜の花の明るい黄色も良いですが、ヤマブキの落ち着いた黄色が渋くて好ましいです。

今日は道が混んで思うように撮れませんでしたが、ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております(^o^)

PS。本務機ノートパソコン故障で、しばらく予備機運用となります。旧式のCRTなので色がいまいちよくわかりません。お見苦しい点はご容赦のほどを、、。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日のSL奥利根号

今日の奥利根号。諸事情のためここで待つことに。

Img_0068a <30D

新緑がまぶしいですね。煙が倒れてしまいましたが、いい黒煙でした。▲津久田ー岩本 第2利根川鉄橋。

R17に出て北上。車の数が多いですね。思いの外時間がかかってしまい、結局何処も間に合わず、水上の機関区跡へ。昼食後は家族ドライブ、吊り橋ポイントでしばし遊んで赤城山の裏側を回って根利から大間々へ。あっちこっち寄り道しながらのドライブでした。もちろん少し「鉄」を絡めつつ(笑)

明日は水上で先出の写真の木陰でD51見ながらランチとしますかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吊橋

吊橋SH506ic

撮影ポイントも子供らにとってもいい遊び場の様です。川にはカヌーに興じる人たちが多数いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水上にて

水上にてSH506ic

今日は家族でドライブ!  向かう先はいつもの通り(^O^)   でも家族は「え〜」 午後は何処行こうかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL奥利根号 5/3

奥利根号。新緑の上州路を駆け抜けました。

Img_0010a <30D

新緑の緑がまぶしいです。▲ 渋川ー敷島 下りSL奥利根号

Img_0025a <30D

何処へ行ってもD51君は人気者。汽笛の音で人が集まってきます。▲ 新緑の水上構内。 

Img_0049a <30D

これまた新緑の木々。少し前までは逆光線に葉が光って良かったのですが、、。少し陰ってしまいました。▲岩本ー津久田 第4利根川鉄橋  上りSL奥利根号。

今日はこの辺で。明日はどこ行こうかな? 

追記  普段使っているPCが突然機能停止。写真現像中にウンともスンとも言わなくなってしまいました。急遽古いパソコン引っ張り出して作業。一枚編集するのに何倍もの時間がかかって参りました。モニターの色も調整してないので上手く色が出ているか心配です。GW明けたら修理に出さなくては、、。トホホ、。ハードディスクのデータ、大丈夫かな、、。ちょっと不安。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏切待ち  その12

「踏切待ちシリーズ」も12回目。まだまだ続きますよ(^o^)。今回は地元群馬の上越線。D51が奥利根号として走っているのは有名ですね。その他にもJR工場の入出場する列車や車両メーカーからの新車回送。などなど楽しい列車が時々見られます。

R0010272_1<リコーR5

▲2007年4月5日 井野ー新前橋  鳥羽踏切、全検入場に向かう所でしょうか?スハネフ14、客車一両だけの牽引でした。この場所、夕方の奥利根号の時間近くに見られます。

さて明日からGW後半戦、SL奥利根号が新緑の上越線を走ります。天気も良さそうだし、出掛けてみましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30年前の後閑

一眼レフカメラと標準レンズを手に入れた頃です。先輩OBの写行に同行させて頂いた時のカットです。関越高速も東松山までだったかな?その先一般道で上越線へ。ネガをみると棚下トンネル前後の第3利根川鉄橋、第4利根川鉄橋、諏訪峡、水上先の第6利根川鉄橋などが写ってます。ネガの状態が良くなく恥ずかしいのですがその中の一枚。

Image05_1<OM-1

▲後閑駅を望む。  後閑駅の中線には貨物列車が待避中、ボンネット「とき」に道を譲ります。この辺、現在はどんな感じだったかなぁ~、今だと丁度上りD51が惰行運転に移る辺りかと思うけど、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »